« ビッグニュース! 楽天証券やSBI証券でも 信託報酬が0.26%の投信が取り扱われる模様 | トップページ | 今日もビッグニュース VT登場!!バンガードETF追加届出完了のお知らせ »

2009年6月10日 (水)

ニッセイ日経225インデックスのコスト

 取り急ぎ、ニッセイ日経225インデックスのコストを調べてみました。

1. 保有コスト

費用の内訳
信託報酬 29円
内訳 (運用会社) (13円)
(販売会社) (13円)
(受託会社) (3円)
委託手数料 1円
有取税 0円
保管管理 1円
費用合計 31円

  信託報酬は、0.2625%(その他コストを入れても0.28%ぐらい)

2.売買手数料

 ゼロ。

3.分配金

分配日 分配金(円)
2009/2/16 0
2008/2/15 0
2007/2/15 0
2006/2/15 0
2005/2/15 0

  気もちいいまでにゼロ円。

 ニッセイさんありがとう!

 このファンド、ニッセイさんの中でも、最安のファンドみたいですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ビッグニュース! 楽天証券やSBI証券でも 信託報酬が0.26%の投信が取り扱われる模様 | トップページ | 今日もビッグニュース VT登場!!バンガードETF追加届出完了のお知らせ »

コメント

>気もちいいまでにゼロ円。

DC専用で多分配のやつ、余り見たことありませんよ。だって60歳まで解約不可で、途中、分配出ても貰えません。分配が出ても非課税で再投資に回りますから、分配出す意味がありません、401Kの場合(汗)。

>このファンド、ニッセイさんの中でも、最安のファンドみたいですね。

前回のこのネタにもコメントしましたけど、ニッセイ、その他にマトモなDC用インデックスファンド、持っていない(汗)。外国株、外債のアセットクラスはステートストリートのファンド使って、パッシブ運用のバランスファンド作っている。だから、他社の類似、DC用バランスファンドに比べて割高。国内債券インデックスも0.42%の超割高品しか置いていない。

ここは発想の転換で、他のアセットマネジメント(投信会社)に期待したいところ。考えてみれば、ETF(外国株式扱いも含めて)が普及していけば、出入り口で売買手数料が証券会社に入るだけ。TOPIX・ETFなら少額だと無料で儲け無し。外国ETFは売買&為替手数料の身入りがあるがそれ以外、口座管理手数料タダなら、例えば20年間、個人投資家が保有してもその間、証券会社に儲けは無い?!受託、委託会社の取分は書いてあるが販売会社(証券会社)の取分は無しのハズ?外国株式ETF、100万円購入で手数料5千円程度?仮に価格が全く変動しなかったとすれば、往復1万円/20年間=500円/1年間しか証券会社の儲けがないことになる。

ところが、例えば、中央三井信託の外国株式インデックスファンドL、信託報酬手数料0.2625%で販売会社(証券会社)取分、0.07%ある。700円/1年間が証券会社の儲けになる。実に1.4倍も多いことになる(汗)。DIAMだと0.2625%のうち販社取分0.11%でモット、多い。大和だと0.2625%のうち販社取分0.12%で更に、多くなる。

投資対象が同じTOKが信託報酬手数料0.25%でほぼ同じレベル。現状、ETFの分配自動再投資不可(投信は可)、下げ相場で配当出ても課税(投信は特別分配で非課税)、特定口座に入れられない(投信は可)、定額&少額売買は不可とか不利・・・。低信託報酬手数料のDC用インデックスファンドのほうが、どう考えても、個人投資家にとっても、証券会社にとっても、お互いに利益になると思うが・・・。

こんな具合に、ネット証券さんも考えてくれれば良いんですがね~。ETFよりもお互いの利益になりそうなんですが・・・。

投稿: Werder Bremen | 2009年6月10日 (水) 02時24分

楽天証券ではいつから取り扱ってくれるのかな・・・
取り扱ってくれるのなら、なるべく早くしてほしいなぁ。ボーナスで1306買おうと思っていたけど、こちらに乗り換えようと考えています。

投稿: かつお | 2009年6月10日 (水) 12時11分

みなさまコメントありがとうございます。
>Werder Bremen様
 日本の投信会社に頑張ってほしいですね。株主優待でDC専用ファンドの直販権をもらえるとかやればいいのに、などと夢想したりします。そうすれば株主利益との相反問題が解決?
 バンガードと同じような構図というか・・・

>かつお様
  いつなんでしょう。楽しみですね。

投稿: NightWalker | 2009年6月10日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45290484

この記事へのトラックバック一覧です: ニッセイ日経225インデックスのコスト:

« ビッグニュース! 楽天証券やSBI証券でも 信託報酬が0.26%の投信が取り扱われる模様 | トップページ | 今日もビッグニュース VT登場!!バンガードETF追加届出完了のお知らせ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.