« ドルとユーロの通貨分散についてチェック | トップページ | マネックス「投信つみたてクラブ」発足宣言! »

2009年6月 8日 (月)

インデックス投資のメリットと注意点

  YOMIURIONLINE 山崎流マネーここに注目 で、インデックスネタが、取り上げられています。

 短くまとめると・・・

<メリット>

  • 低コスト
  • わかりやすい運用内容
  • 十分な分散

<注意点>

  • 投資する地域などの分散に注意
  • 頻繁に売買しない。コスト分、損。
  • 買値にこだわらないこと
  • インデックスといえど良い商品を選ぶこと

 となります。

 注意点の3番目が、山崎さんらしい視点だと思います。

 これは、

  • お金が必要になったのにローンで調達するのは、非合理的である。

 というわけですね。「そういう、いざという時のために、予備のお金を残しておくんじゃないの」と思う人もいらっしゃるかもしれませんし、私もそうも思ったりするわけですが(^^;)、おそらく、ポートフォリオは、そういう予備のお金も含めて管理し、ポートフォリオを崩さないようにしようということなのかなあ、と推察いたします(推察です)。

 また、以下のような提言もありました。

外国株部分をインデックス・ファンドに任せて、日本株は自分で投資銘柄を選んで運用する

 これについても、

 コア部分を日本を含む世界市場ポートフォリオ型インデックスに任せて、サテライト部分は自分でいろいろな投資先を選んで運用する

 など、いろいろな活用の仕方(自己責任でお願い申しあげます)が考えられますね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ドルとユーロの通貨分散についてチェック | トップページ | マネックス「投信つみたてクラブ」発足宣言! »

コメント

「外国株部分をインデックス・ファンドに任せて、日本株は自分で投資銘柄を選んで運用する」

このスタイルです。外国株(投資)はSTAMグローバル株式と界経済インデックスファンドで、国内は若干のETFと個別銘柄に落ち着きました。
個別銘柄もインデックス投資と同じ考えで長期保有前提で幅広く買っているし、将来的に配当も含めてそれなりのリターンが得られればそれでいいかなと考えています。予想を超えて大きく急騰した場合には一時的に売る事もありますが下がれば買戻しと言う感じです。

投稿: TA | 2009年6月 8日 (月) 08時48分

TA様
 コメントありがとうございます。
>幅広く
 個別銘柄でも、分散は重要ということですね。

投稿: NightWalker | 2009年6月 8日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45260782

この記事へのトラックバック一覧です: インデックス投資のメリットと注意点:

« ドルとユーロの通貨分散についてチェック | トップページ | マネックス「投信つみたてクラブ」発足宣言! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.