« 最近のJ-REIT 2009/6 | トップページ | 新生銀行 + あおぞら銀行 »

2009年6月25日 (木)

東証 来月めど上場規則改正 海外ETF 国内で作りやすく

  rennyさんの記事で知りました。

  産経さんです。

ETF(上場投資信託)市場が今夏から様変わりする。これまでETFを組成する場合、機関投資家などが拠出する金融商品は株や商品など「現物」しか認められなかったが、「現金」での拠出も認められる。国内の金融機関でも、海外の株価指数などに連動する「海外ETF」を比較的簡単に組成できるようになり、東証や金融機関も伸び悩むETF市場の底上げにつながると期待している。

  金融危機になって、モノが売れないのと同様に、金融商品も売れていないはずです。

 モノが売れないと、どうするか?

 メーカーや販売業者は、泣く泣く?値段を下げるわけです。あるいは、低価格を売りにした業者が好調になるわけです。

 金融商品も同じです。

 暗黙のタブー(としか思えない)を今こそ破って!

 米国並みに安い投資信託(ETF含む)を、日本で販売するべきではないでしょうか?

 私は、いまだに、金融業界のユニクロの登場を待っています。

 明日の勝者は、日本における投信コスト革命を起こした企業と私は信じます。

 iShareさん、バンガードさん、野村さん、住信さん!

 なくなっても知りませんよ~(^^;)、皆さんが狙っている日本の現金性資産。

 もう、高配当じゃ、つられないと思うなー。

 日本の高齢者の金融リテラシーは、どんどん向上してますからね~。

 また、へんてこなわざを思いついても、ブロガーさんたちが総攻撃するだろうし。

 運用会社の皆さまのご英断をお待ちしています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 最近のJ-REIT 2009/6 | トップページ | 新生銀行 + あおぞら銀行 »

コメント

パッションのこもった記事、ありがとうございます。
金融サービスにイノベーションを!
(別にジャパネットたかたがインデックスファンドを
売っても構わないわけです)
今までのしがらみに囚われない発想を!

投稿: カン・チュンド | 2009年6月25日 (木) 22時00分

カン・チュンド 様
 コメントありがとうございます。
 たしかに、既成の投信会社である必要はありませんね。
 実は、私。共済組合がインデックスファンドを組成するといいのになーと思っているんですよ。共済組合は、利益を追求するのではなく、金融商品の購入者=組合員の利益を最大化すればいいわけですから、利益相反問題が、発生しないわけです。(米バンガードさんと同じような構図)

投稿: NightWalker | 2009年6月25日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45442983

この記事へのトラックバック一覧です: 東証 来月めど上場規則改正 海外ETF 国内で作りやすく :

» 「ユニクロ」が金融サービス業を始めたらどうなるのか? [カン・チュンドの インデックス投資のゴマはこう開け!]
こんにちは。 インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。 NightWalker さんの【こちら】の記事に触発されました。 NightWalker さん... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 10時03分

« 最近のJ-REIT 2009/6 | トップページ | 新生銀行 + あおぞら銀行 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.