« 原油 新興国 が復活の兆し?  | トップページ | ご紹介:ETFの取引価格と基準価額の乖離がわかるサイト »

2009年5月24日 (日)

楽天証券 トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 取扱い開始

  楽天証券さんで トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドを 取扱い開始です。

  今更感はありますが、このファンドについて、チェックしてみます。

1.資産配分

20090524

2.コスト(STAMシリーズと比較)

項目 トヨタアセット STAM
販売手数料 なし なし
信託報酬 実質1.29% 約0.78% *
信託留保 なし 約0.06% *

*STAMは、グローバル株式95%、新興国株式5%で投資した場合の加重平均。

3.資産総額口数推移

200905242

4.所感(個人的見解)

  • インデックス型投信なのに信託報酬が高い。なぜ値下げしないのか?
  • 現在の時価総額比に対して米国比率の比率が高く、新興国は低い。なぜ資産配分を見直さないのか?

--------------------

 私は、さんざんぱら、信託報酬の話を訴え続けているわけですが、これは、

 一生もののテーマである

 と確信いたしました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 原油 新興国 が復活の兆し?  | トップページ | ご紹介:ETFの取引価格と基準価額の乖離がわかるサイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45112413

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天証券 トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 取扱い開始:

» 販売チャネルを増やすことは結構なことですが・・・ [rennyの備忘録]
JUGEMテーマ:ビジネス NightWalkerさんのエントリで知りました。 楽天証券 トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 取扱い開始 : NightWalker's Investment Blog 【トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド】の販売会社に楽天証券が加わるそうです。販売チャネルが広がることは投資家の利便性を高めることになるので結構なことだと思います。 しかしながら、NightWalkerさんのエントリの比較をご覧になればお分かりになると思いますが... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 13時35分

« 原油 新興国 が復活の兆し?  | トップページ | ご紹介:ETFの取引価格と基準価額の乖離がわかるサイト »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.