« DC向けの低信託報酬のインデックスファンドが一般売り? | トップページ | 国際分散投資派に役立つサイトのご紹介 »

2009年5月27日 (水)

下半期に先進諸国はプラス成長に=クルーグマン氏

 ああっ、クルーグマン先生がポジティブだっ!ロイターさんです。

世界経済は絶対的な大惨事を回避したと指摘するとともに、先進諸国の経済成長率が年内にプラスに転じるとの見通しを示した。

  でも、さすがクルーグマンさん、

「2カ月後に世界通商や鉱工業生産が安定し、成長をし始めることには驚かない」と述べ「米国やおそらく欧州で、今年下半期のGDPの伸び率が横ばい、もしくは、プラスに転じたとしても驚かない」と語った。

   表現は微妙です(^^;)。

  記事から、ちょっと抜粋してみましょう。

  • 日本が1990年代に経験したような、10年にわたる低迷を警戒している
  • 日本のような輸出主導の成長はうまくいかない
  • 日本が行ったようなことは可能でない

 おーーい ・・・・って、そういう所ばかり 書きぬいてしまいました(^^;)。

 今は世界中ダメなんで、外に頼ろうとしても無駄だよ~、とのことです。

 というわけで、各国、内需拡大に励むしかなさそうです。

 でも、国土もせまく、少子化の日本では・・・・・・外国の内需に頼って、やっぱり外需か?(おいおいっ^^;)

 それでは。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« DC向けの低信託報酬のインデックスファンドが一般売り? | トップページ | 国際分散投資派に役立つサイトのご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45138859

この記事へのトラックバック一覧です: 下半期に先進諸国はプラス成長に=クルーグマン氏:

« DC向けの低信託報酬のインデックスファンドが一般売り? | トップページ | 国際分散投資派に役立つサイトのご紹介 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.