« 「グローバル化」が資産運用に与える影響 | トップページ | DC向けの低信託報酬のインデックスファンドが一般売り? »

2009年5月26日 (火)

長期金利、日米欧で上昇?

  5/25 日経新聞朝刊です。

日米欧で長期金利(長期国債の利回り)が上昇している。3月以降、世界経済の底入れ期待を背景に金利上昇が目立つようになり、最近は各国の財政赤字拡大や国債の格下げへの懸念が金利水準を一段と押し上げている。

 本当?

 文章だとよくわからないので、表です。(日経新聞本紙には図が出てます)

5/22 2008年末
からの差分
英国 3.71% +0.69
ドイツ 3.46% +0.52
米国 3.45% +1.20
日本 1.43% +0.26

  ・・・・・・・・・・に、ニッポン、1.43%

 上がってるとはいえ、なんか、まだ十分低い気がします(^^;)。

 いつか、他の先進国に追い付く日が来るのでしょうか?

 と思い続けて、はや、10年以上。

 それでは!

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 「グローバル化」が資産運用に与える影響 | トップページ | DC向けの低信託報酬のインデックスファンドが一般売り? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45127422

この記事へのトラックバック一覧です: 長期金利、日米欧で上昇?:

« 「グローバル化」が資産運用に与える影響 | トップページ | DC向けの低信託報酬のインデックスファンドが一般売り? »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.