« マルキールさんの講演でとよぴーさんが質問 | トップページ | ブログのエントリー数がいつの間にか、1000本を超えていた。 »

2009年5月15日 (金)

世界経済インデックスファンドとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの比較

 世界経済インデックスファンドとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの比較をちょっと気合いを入れてやっておきます。

1.パフォーマンス

 世界経済インデックスファンド設定来の比較です。

20090515

  世界経済インデックスファンドが3月以降調子いいみたいですね。

 これは、エマージング比率の関係と思われます。

2.資産配分

資産クラス 世界経済 セゾン
(2009/4/末)
国内株式 5.0% 5.3%
先進国株式 32.5% 39.3%
新興国株式 12.5% 5.3%
国内債券 5.0% 10.8%
先進国債券 32.5% 39.3%
新興国債券 12.5% 0.0%

   新興国に差があります。

3.コスト

資産クラス

世界
経済

セゾン
信託報酬 0.714%* 0.77±0.02%
販売手数料 0% 0%
信託財産留保 0.1% 0.1%

*投信マイレージサービス(こちら)含まず。

 なお、その他費用も含めて保有コストを評価するべきなので、1回も決算がない状態の世界経済インデックスファンドについては注意が必要です。

4.資産総額(2009/4末)

  • 世界経済 2400万円
  • セゾンバンガード 190億円

---------

 世界経済インデックスファンドとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、

 似ているようで性格の違うファンドである

 ことが 、わかりま した。

 コスト差は、それほど劇的ではありませんので

  • 新興国が好きな人は、住信さん
  • 新興国はフツーでいい人は、セゾンさん

 という感じでしょうか。

 私は、新興国は割と好きな方です・・・どうしようかな~。

 悩ましいですね~。

<おまけチェック>

 世界経済インデックスファンドをもし個別のSTAMシリーズで組んだら、信託報酬はどうなるか? ⇒ 答え:0.722% セット買いの方が、微妙にお得なんですね。うまく考えてあります(^^;)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« マルキールさんの講演でとよぴーさんが質問 | トップページ | ブログのエントリー数がいつの間にか、1000本を超えていた。 »

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。
おまけチェック参考になりました。ピンハネ分がない上にお得ということはバランスファンドの存在自体否定派の人も認めざるを得ない商品となっていく期待がありますね。セゾン積立てていて不満もないのですが新興国好きなので乗り換えたくなる気持ちも少しあります。

投稿: yamada | 2009年5月15日 (金) 00時23分

住信SBIネット銀行との組合せで考えると口座入金から購入までの金利がつくというのもありますね。
STAMインデックスシリーズ等と組合せればセゾンはもういいかなと私はほぼ結論づけました。

投稿: TA | 2009年5月15日 (金) 12時34分

投資という名の下に泡のように消えていく機関投資家や個人の資金。
粉飾まみれの株価がいずれ本当の姿を出す。
評論家やマスコミの真実を隠した楽観論。
たんす預金が見直される時代もそう遠くないと思います。
20年後には中国がトップでしょうが。
国際化反対。
資本主義は終焉。合わせてペーパーマネーも終焉。
日本人らしく、日本人らしく、謙虚にコツコツと。
もう現物金しか信用できませんね。

投稿: 応援してます | 2009年5月15日 (金) 23時47分

初めてコメントします。

セゾンの積み立てしてます。セゾンは国内債券が多く、新興国が少ないという保守的な比率ですね。でもEEMとかFXIもけっこう持ってるので新興国の比率は高いですから、その点は気になりません。むしろリタイアが近くなった時のことを考えたら保守的なほうがいいですね。

でも保守的な運用なのに、信託報酬が高いのはいかがなものかと思います。

また住信SBI銀行の高金利を考えれば、セゾンのほうが不利ですね。ちなみにセゾンの銀行口座に入金していた時期の日割りの利息はどうなるのかご存じのからいますか?

というわけでセゾン様には信託報酬値下げをお願い申し上げます。

投稿: bosszaru21 | 2009年5月16日 (土) 00時28分

皆様コメントありがとうザございます。

>yamada 様
>認めざるを得ない商品
 まさしくその通りだと思います。

>TA様
>住信SBIネット銀行との組合せで考えると口座入金から購入までの金利がつく
 今は金利が低いからそれほど大きくはないですが、金利が上がったりすると、かなり大きな差になりますね。

>応援してます様
>コツコツと
 大事だと思っています。

>bosszaru21様
>入金していた時期の日割りの利息
 受益者側は、0%。セゾン投信さんは、不明です。(が、ゼロということはないはずです)

投稿: NightWalker | 2009年5月16日 (土) 17時16分

貴重な記事、ありがとうございます!
これからは個性的な資産配分を擁したインデックス型バランスファンドが複数登場してくるかも、ですね。

投稿: カン・チュンド | 2009年5月23日 (土) 16時37分

カン・チュンド様
 コメントありがとうございます。
 インデックスファンドがたくさん出てくることによって、資産総額増大⇒運用効率アップ⇒さらなるコストダウンとなることを期待しております。

投稿: NightWalker | 2009年5月23日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45013066

この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済インデックスファンドとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの比較:

« マルキールさんの講演でとよぴーさんが質問 | トップページ | ブログのエントリー数がいつの間にか、1000本を超えていた。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.