« 大恐慌後、ダウ回復までの日数 | トップページ | 中央三井外国株式インデックスファンドとSTAMグローバル株式インデックスオープンのコスト比較 2009/3 »

2009年3月26日 (木)

景気対策、やっていいこと悪いこと

NIKKEINET ビズプラスさんです

 ズバッと書いてあります。

 

 やってはいけないこと

  • 後世への給付と負担が釣り合わない財政出動
  • 日銀による社債・CPなど信用リスクのある商品の買い入れ
  • 中堅・大企業一般に対する、政府資金による増資

 に続いて、例の・・・・

    • 政府による株式の買い上げ

 おお、出ました!

近時、政府資金によって上場投資信託(ETF)を買い取るなどの提案がなされているようです。しかし、これは日本の株式が本当に割安であるならば国民負担の恐れなく実施できるかもしれませんが、そうでないならば、売りたい人に売り場を与えるだけの政策になってしまいます。株価を人為的に吊(つ)り上げることは無理であり、企業業績を回復させるか過剰債務問題を解決する以外に株価を上げていく方策はありません。

 少々難解でしたが、

株価対策として有効なのは、割高な株を無理やり買い上げようとすることではなく、企業の業績回復を支援するという王道を行くか、または債権放棄などの手段によって企業の有利子負債を減らすことであると言えるでしょう。

 とあります。

 なるほど~。

 うーーん、勉強になりました。

 それにしても、景気良くならないかなー。

 ちらほら、こんな話も聞こえてきてはいます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 大恐慌後、ダウ回復までの日数 | トップページ | 中央三井外国株式インデックスファンドとSTAMグローバル株式インデックスオープンのコスト比較 2009/3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/44475729

この記事へのトラックバック一覧です: 景気対策、やっていいこと悪いこと:

« 大恐慌後、ダウ回復までの日数 | トップページ | 中央三井外国株式インデックスファンドとSTAMグローバル株式インデックスオープンのコスト比較 2009/3 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.