« 日本株式と外国株式の比率 2009 | トップページ | 2009/2 末のポートフォリオ »

2009年3月 3日 (火)

米国債バブル、ITバブルや住宅バブルに匹敵も=バフェット氏

  こんな記事もあるバフェットさんですが、

 こんなお手紙も来ています。

著名投資家のウォーレン・バフェット氏は、リスクを警戒する投資家が、利回りのほとんどない米国債を買うことで大きな過ちを犯しているとの見方を示した。

  上記エントリーで取り上げましたが、その後の、

  • SHY バークレイズ・キャピタル米国国債(1-3年)
  • TLT バークレイズ・キャピタル米国国債(20年超)

  の比較です。

20090303

  1. 買う
  2. 売る
  3. 何もしない

  私は3番です。

 円建て米国ゼロクーポン債が発売されるようなことになれば、利率次第で、一瞬、考えてしまうと思いますが・・・(^^;)、

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本株式と外国株式の比率 2009 | トップページ | 2009/2 末のポートフォリオ »

コメント

こんにちは

債券の価格ですが、私の理解では、
(1)中長期的には、金利で右肩あがりの角度が決まる。
(2)短期的には、価格は金利と反対に動く。

だとしますと、現状は、
(1)ゼロ金利に近くなったので価格が高くなった。
(2)さらに株から資金が流入したので高くなった。

今後しばらくは
(1)ゼロ金利に近いのでリターンはあまり期待できない。
(2)もし、債券以外のおいしい投資先が出たら価格は下がる。

と、いうわけで、私は債券のウエイトを下げました。

投稿: Tansney Gohm | 2009年3月 6日 (金) 15時42分

Tansney Gohm 様
 コメントありがとうございます。
 債券投資はやりづらい環境になりましたね。

投稿: NightWalker | 2009年3月 7日 (土) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/44217503

この記事へのトラックバック一覧です: 米国債バブル、ITバブルや住宅バブルに匹敵も=バフェット氏:

« 日本株式と外国株式の比率 2009 | トップページ | 2009/2 末のポートフォリオ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.