« みずほ銀行さん、 ノーロード投信 メガバンク初! | トップページ | みずほ銀行 ノーロード投信 その顛末 »

2009年2月 2日 (月)

投資信託・ETFを使って国際分散投資をする場合のポートフォリオ

 2009/2/1 日経新聞 投資入門面です。

  • 国内外の株価指数 内容と使い方は? 

 日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など毎日の新聞で目にする株価指数。最近は海外の株価指数も登場回数が増えています。それぞれの内容を知れば、連動する投資信託などを使い賢い組み合わせで投資することもできそうです。ファイナンシャルプランナー(FP)に聞きます。

 なかなかの良記事ではないですか!

  • 株価指数のご紹介
  • NT倍率(日経平均をTOPIXで割った数値)のご紹介

 に続いて、

インデックス投資アドバイザーのカンチュンドさんに各国の時価総額の比率にできるだけ近い形で投資する場合を想定して、ポートフォリオを作成してもらった。

 と注記のある円グラフがありました。おお、ラッキー! (カン チュンドさんのブログはこちら

 (クリックすると大きくなります)

20080201 

  私の場合は、世界全体に投資したいが日本は別建てにしたい場合、というのに近いですかねー。

 リバランスについての記述もありました。

  • 最初に決めた比率が、時間がたつと崩れることがある
  • 定期的に比率が高まった資産は減らし、元の比率に近付けることも大事

 いや、リバランスは、大事ですね。

 また、記事には、書いてありませんが、リバランスは、

  • あまり神経質になる必要はなく、大きくずれたときに、きっちり利益確定する

 ということも大事と思います。今は、全滅状態ですが(ToT)。

 リバランスは、コストがかかる場合が多く、頻繁に行うのは得策ではありませんね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« みずほ銀行さん、 ノーロード投信 メガバンク初! | トップページ | みずほ銀行 ノーロード投信 その顛末 »

コメント

ポートフォリオってひとりひとりカタチが違ってこうやって並べてみると個性的ですね(゚ー゚)

S&P日本振興株はS&P日本新興株?

投稿: とよぴ~ | 2009年2月 2日 (月) 05時44分

とよぴ~ 様
 ご指摘ありがとうございます。失礼しました。修正いたしました。

投稿: NightWalker | 2009年2月 2日 (月) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43924391

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託・ETFを使って国際分散投資をする場合のポートフォリオ:

« みずほ銀行さん、 ノーロード投信 メガバンク初! | トップページ | みずほ銀行 ノーロード投信 その顛末 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.