« GLD 2009/2 | トップページ | 会社は誰のものか?という古典的命題 »

2009年2月25日 (水)

景気動向指数をグラフにしてみる 2009/2

 そういえば景気動向指数CIをグラフにしてみたことがなかったなー。

 ということで、統計局さんのサイトから、CIのデータを入手してグラフ化してみました。

 1980年1月~2008年12月までデータがありました。

 景気動向指数とは、何かは、こちら

200902251

  景気復活の兆しが見えるのはいつの日か・・・・・ 。日はまた昇る(はず)。

  一番相関がありそうな(といっても月次変化率(騰落率)の相関係数=0.27でしたが・・・)先行指数と日経平均と見比べてみました。

200902252

  なんとなく似ているような似てないような。

  月次変化率(騰落率)相関図もおまけに。

200902253

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« GLD 2009/2 | トップページ | 会社は誰のものか?という古典的命題 »

コメント

■今後の景気動向について-マスコミの論調に惑わされないために-マスコミのおばかな論調を叩き潰そう!!
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/02/blog-post_25.html
こんにちは。先日「1ドル70円台の日本経済:三橋貴明(作家)」という文章を、全部私のブログで掲載しました。簡単にいうと、日本の現在の真経済力と、マスコミなどで喧伝する内容との違いを数字をもとにはっきりさせようとの内容です。この内容、私がブログで過去に何回か主張してきたことを、包括的にしかも、物語風に判りやすく解説してありましたので、私の意見を代弁していただけるものとして掲載しました。しかし、この文章、確かに物語風なので読みやすいですが、引用したり、短時間でその内容を把握するのには、向いていないと思いましたので、私のブログでレポート風に再度まとめてみました。無論、私が調べた内容なども付け加えてありますが、この文章の作者の意図を妨げるものではありません。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年2月25日 (水) 13時31分

yutakarlsond様
 情報ありがとうございます。

投稿: NightWalker | 2009年2月26日 (木) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/44164817

この記事へのトラックバック一覧です: 景気動向指数をグラフにしてみる 2009/2:

« GLD 2009/2 | トップページ | 会社は誰のものか?という古典的命題 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.