« ひふみ投信 親会社の異動に関するお知らせ | トップページ | 上海総合指数に変化の兆し? »

2009年2月 6日 (金)

1,000円からのありがとうファンド

  ありがとうファンドを、2月2日から1000円単位で購入できるようになりました。

いつでも、誰でも、手軽に少額から、資産形成に取り組んでいただけるように、「ありがとうファンド」の購入単位を「1,000円以上1円単位」に変更いたします。

  5周年記念だそうです。

 セゾン投信さんも5000円から購入できますが、ありがとう投信さんは、一気に敷居を低くした格好です。

 ありがとう投信さんの5年間の軌跡です。(クリックすると大きくなります)

20090206_2 

 2009年1月末で、純資産総額47億円超。

  基準価額、純資産こそ サブプライム後減り続けていますが、口数は増えていますね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ひふみ投信 親会社の異動に関するお知らせ | トップページ | 上海総合指数に変化の兆し? »

コメント

少額から買付けできるようにした点は評価できると思いますが、振込みのコストや1,000円を投資して目標額に届くのはいつになるのかということを考えるとこのサービスの実際の意義はあるのでしょうか。

投稿: 弥太郎 | 2009年2月22日 (日) 16時33分

弥太郎 様
 コメントありがとうございます。
>このサービスの実際の意義
 たしかに。
 口座開設を増やしたいということなんでしょうかね~。

投稿: NightWalker | 2009年2月23日 (月) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43965575

この記事へのトラックバック一覧です: 1,000円からのありがとうファンド:

« ひふみ投信 親会社の異動に関するお知らせ | トップページ | 上海総合指数に変化の兆し? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.