« ソニーバンクさんのインデックスファンド | トップページ | ポール・クルーグマン先生 サンデープロジェクト 出演 »

2009年1月24日 (土)

STAM 対 DIAM? その顛末

  ポッキーさん コメントありがとうございます。

 STAM 対 DIAM?で取り上げました例のDIAMさんのファンドですけれど、ある意味予想通りというか、

 

  ラップ口座専用

 だったようです。

 rennyさんの記事です。

 rennyさん、お調べいただき、ありがとうございます!

 STAM対DIAM 、宿命の対決(おいおい)は、いつの日か!?

 ・・・・それはさておき、金融危機の今こそ、長期保有に適したローコスト投信が世界経済のファイナンスを支える時であると信じております。そのためには、投資家と投信会社さんの熱くて厚い連携が必要です。

 なお、ラップ口座は手数料に注意が必要です。

  だいぶ前に書いたので、状況が変わっているかもしれませんので、個別に証券会社さんに ご確認いただければと思いますが(すみません)、ご参考までに。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ソニーバンクさんのインデックスファンド | トップページ | ポール・クルーグマン先生 サンデープロジェクト 出演 »

コメント

"宿命の対決"、ぜひ見たいですね。

投稿: rennyです | 2009年1月24日 (土) 18時10分

DIAMの株主構成は、第一生命50%とみずほFG50%。この親会社、両社とも、個人を利する”気の利いた”金融商品と言うよりは、”ボッタクリ”商品を・・・?親会社の意に反して、「薄利多売」商品を企画するには相当のエネルギーが必要かな?

住信も当然、利益の薄いインデックス投信を売るより、利益率の高い富裕層、退職者向け金融商品を扱いたいのが人情だが・・・。窓口販売と別に、ネット系にも力を入れて、”インターネット”に強みのあるSBI(50%)と住信(50%)、折半出資で「住信SBIネット銀行」を設立。利益の薄い金融商品はネットで販売。

企業風土に多少、違いはあるかも。どちらもボランティアではない、営利企業ではあるが。

今のところ、住信は三菱信託銀の歩んだ”道=合流”を拒否、独自・単独で存続の意志を示しているが・・・。昨今の損保、3社合併とか。一番恐れていること、そうです!

三井住友FGと合併???

信託報酬手数料の値下げ合戦だけではなく、社会、経済情勢、企業風土に思いを巡らせるのも「おつなもの」です(汗)。

投稿: Werder Bremen | 2009年1月25日 (日) 01時09分

皆様コメントありがとうございます。
>renny様
 貴重な情報ありがとうございます。DIAMさんにその気概があるといいんですが・・・(^^;)。

>Werder Bremen 様
 合併による方針転換→サービス悪化、という図式は、こわいですね。そうならないことを祈ります。

投稿: NightWalker | 2009年1月25日 (日) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43838692

この記事へのトラックバック一覧です: STAM 対 DIAM? その顛末:

« ソニーバンクさんのインデックスファンド | トップページ | ポール・クルーグマン先生 サンデープロジェクト 出演 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.