« SBIハイブリッド預金金利の引き下げについて(2009/1/26) | トップページ | 2009年1月のSTAMシリーズ »

2009年1月28日 (水)

野村証券とジョインベスト証券の統合

 野村ホールディングスは27日、傘下のインターネット証券子会社、ジョインベスト証券(東京・港)を野村証券に統合する検討を始めたと発表した。ネットを介した証券サービスをグループ全体で拡充していく方針。統合の時期や方法は未定だが、ジョインベスト証券は「顧客への影響を最小限にするため、当社が提供してきたサービスを野村証券に取り込む前提で検討していく」と説明している。(19:49)

  ほんとうなのか!?ジョインベストさんのサイトです。

当社としましても統合に向けた検討に協力してまいりたいと考えており、(以下略)

 ほんとうのようです。

 ジョインベストよ、お前もか・・・・。(野村ファンドネット証券再び?)

 サービスはキチンと続けるとのことですが、ジョインベストをご利用の皆さんは、手数料率等々どうなるのか心配ですね。リーマンの高給社員を引き取った(引き取らされた?)野村さんですが、コスト削減で優良インデックス系ファンド・・・たとえば、

  • ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド(投資生活)

 なんかを償還したりしないようにぜひお願いしたいと思います。信じるほかありません。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« SBIハイブリッド預金金利の引き下げについて(2009/1/26) | トップページ | 2009年1月のSTAMシリーズ »

コメント

悲観的な話が多いこの件ですが、”微か”な期待もあります、ホンの”微か”にですよ(笑)。
野村本体にもネット証券部門”ほっとダイレクト”があります。ここはメジャーな既発外債、米ドル、ユーロのゼロクーポン(ストリップス)債、取扱っているんですよ。しかも外国証券保管手数料無料。

日本株式売買手数料がまあまあ安いジョインベストの良い点と、既発外債の野村ほっとダイレクトの良い点が合わさって相乗効果が出ればと。一歩進んで、外国株(+外国ETF、メジャーなところだけでも)も扱い、ネット経由なら当然、格安手数料で・・・。難しいでしょうが。既発外債(米ドル、ユーロ)の品揃えは野村、大和、三菱の大手証券に長所あり。

ゼロクーポン(ストリップス)債⇔外国株ETFの乗換ができると日本の個人投資家の利便性が飛躍的に改善されると思うのですが・・・。
まさにバフェット爺さんのように、米国債を売ってS&P500のETFに乗り換えるアセット・ローテーションができれば・・・。

投稿: Werder Bremen | 2009年1月31日 (土) 00時21分

Werder Bremen 様
 コメントありがとうございます。
 何と言っても最後の投資銀行ですからねー、野村証券さん。微かな期待・・・・しておきます(^^;)。

投稿: NightWalker | 2009年1月31日 (土) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43878278

この記事へのトラックバック一覧です: 野村証券とジョインベスト証券の統合:

» ジョインベスト証券が野村のリテール部門統合に全俺が泣いた [のらFPのブログ]
ジョインベスト証券が野村のリテール部門と統合されることになった。 非常に残念だ。 日本経済新聞(2009年1月27日)より http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090127AT2C2701G27012009.html 野村証券とネット証券子会社の統合検討 野村HD 野村ホールディングスは27日..... [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 22時23分

» 2009年1月末 運用報告 [バリュー志向の資産運用]
自作ファンド(仮)の1月の運用成績を報告したいと思います。 基準価額1ヶ月騰落率6ヶ月騰落率1年騰落率設定来自作DC5,501-7.41-35.91-36.07-44.98自... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 17時00分

« SBIハイブリッド預金金利の引き下げについて(2009/1/26) | トップページ | 2009年1月のSTAMシリーズ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.