« 2009 あけましておめでとうございます | トップページ | 投資計画 2009前半 »

2009年1月 2日 (金)

初詣に思う 40年に一度

 初詣に行ってまいりました。(近所の神社に)

 商売繁盛、景気回復!を

 全力でご祈念

 しまくってまいりました。

 去年は、初詣に行かなかったのですが、昨年、たいへんな事態になったのは、そのせいでしょう(おいおい)。うん、そうに違いない。(・・・・私は、無神論者です、念のため)

 今年の初詣で感じたことは、いつにも増して、人出が多かったこと。そして、みんなの顔が、明るく見えたことです。

 きっと、今年は大丈夫だろう!春は近い!

 そう、信じてまいりたいと思います。(・・・・根拠はありません、念のため。)

 さて、相互リンク先のゆうきさんとrennyさんが、面白いことを調べていらっしゃいました。

  私もマネしてみました。

順位 書名
1 大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」
2 貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
3 ベスト投資信託ガイド 2008年 2/6号 [雑誌]
4 日本人が知らなかったETF投資
5 【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法
6 100歳までの長期投資―コア・サテライト戦略のすすめ
7 臆病者のための株入門 (文春新書)
8 働かないって、ワクワクしない?
9 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
10 敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか

 1位は、この本。

  さてさて、この本のp76には、鋭いご指摘があります。

つまり、株式に投資をしていれば、40年に1回程度は、その価値が6割程度(4割程度の損失)となってしまう、ということが統計的にわかっているのです。

 ちなみに、この本は、2008年1月の発刊です。北村先生えらい!そして、続けて、

これにより、株式が大きく値動きをしたとしても一喜一憂せず、「それは、想定の範囲だ」とどっしり腰をすえて超長期運用を続けることができるのです。

 とあります。北村先生えらい!えらいぞっ!!

 ・・・・・・・・実際は、腰が抜けたおかげで(^^;)、どっしりと長期運用を続けることができたわけですが・・・(私の場合です、念のため。)

  面白いところでは、8位の

  でしょうか。

 でも、とりあえず、私は、働いておきます。(この本の趣旨は、そういうところにはありません、念のため)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 2009 あけましておめでとうございます | トップページ | 投資計画 2009前半 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43616178

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣に思う 40年に一度:

» 【謹賀新年】 昨年、2008年は「40年に一度の暴落」だったのか? [金融ビジネス書作家「北村慶」のブログ]
明けましておめでとうございます。 9月15日のリーマン経営破綻以降、本業(一応、現役の金融マンです。 ^^;)が忙しく、ブログの更新も滞ってしまっておりました。 そんな中、多くの有名ブロガーの方々が、『(ご自身のブログ経由で)2008年に最も売れた投資本』特集を行っておられます。 rennyさんの「rennyの備忘録」では、『大人の投資入門』が1位、 ゆうきさんの「ホンネの資産運用セミナー」では、『大人の投資入門』が2位・『ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資... [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月) 21時51分

« 2009 あけましておめでとうございます | トップページ | 投資計画 2009前半 »