« セゾン投信 第2期 決算 | トップページ | 私の米国投資比率 2008/12 »

2008年12月12日 (金)

少額の株式投資、総額500万円まで非課税

 日経さんです。

2009年度与党税制改正大綱の最終案が11日、判明した。年間100万円を上限に最長5年間、総額で500万円までの株式投資について配当と譲渡益を非課税にする制度を12年から導入する。中小企業の法人税の軽減税率は現行の22%を09年度から2年間18%に引き下げる。社会保障費の財源として焦点になっているたばこ税増税については与党は同日、見送りの方針を固めた。

 制約付きとはいえ、配当非課税は、いいですね。

 無配当のファンドばかりを保有している私ですが、ETF(1306)は、きっちり配当があります。

 同じくNIKKEINETさんによると、12/11付で、

東証1部全銘柄の指標
(連結) 前期基準 予想
純資産倍率 0.96倍 --
株価収益率 10.97倍 15.80倍
株式益回り 9.11% 6.32%
配当利回り 2.46% 2.40%

  配当利回りは、かつてないレベルにあります。(ただし、今後予想される企業収益悪化により、来年の配当は、厳しいという可能性もありますね。)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« セゾン投信 第2期 決算 | トップページ | 私の米国投資比率 2008/12 »

コメント

こちらにも書き込みさせていただくことにしました^^;。

どうも私は不勉強のため、このPER・PBRというものの算定方法がよく分からないのですが、前回決算時点の企業利益・企業資産をもとに出しているなら利益は急激に落ち込んでいますし、不動産・株価も暴落している現在、あまりあてにならない数字ということになるような気がするのですが・・・。バブル崩壊後、何回「株は激安、今が買い時」という言葉を聞いたことやら・・。そしてまた最安値を更新しました。この先も人口は減ってゆきますし、高齢化は進む。国は借金漬けで増税は必至。資源・食料も長期的には高くなる。ものづくりは、新興国にだんだん取って代わられるが、その先のビジョンがあるとはいえない。経常収支もだんだん悪くなっている。

どの国にもリスクはあるとは思うのですが、今、割安という数字が出ているから、これからどの程度上昇するかといえば分からない気もします。難しいですね。

投稿: おじさん | 2008年12月13日 (土) 11時53分

おじさん様
 コメントありがとうございます。
 おっしゃる通り、何を持って割安とするかは、決定打はありませんね。
 ともあれ日本企業の収益力復活を願うばかりです。

投稿: NightWalker | 2008年12月13日 (土) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43393343

この記事へのトラックバック一覧です: 少額の株式投資、総額500万円まで非課税:

» 少額投資の優遇措置、非課税対象は株式などの配当・譲渡益=自民税調 [ecostock]
自民党税制調査会は11日午後小委員会を開き、少額投資のための優遇措置について、非課税対象は上場株式などの配当と譲渡益とし、限度額は年間100万円を上限に5年間、合計500万円とすることを決めた。 適用は自民党税調幹部によると、2012年からとしている..... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 05時23分

« セゾン投信 第2期 決算 | トップページ | 私の米国投資比率 2008/12 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.