« 少額の株式投資、総額500万円まで非課税 | トップページ | 世界の時価総額推移 1990-2007 »

2008年12月13日 (土)

私の米国投資比率 2008/12

 さて、日経さんです。

 決裂しました。米国大丈夫でしょうか?一蓮托生感のある我が国は?

 というわけで、私の米国投資比率をチェックしてみることにしました。

<日本を入れた株式投資における比率>

200812131

 日本が多めです(^^;)。がんばれニッポン!

<日本を除く株式投資における比率>

200812132

  やや、米国比率が少なめ、です。

 今後もう少し米国比率が減るかもしれません。

 VGKとSTAM新興国株式インデックスを買いそうな私がいます(^^;)。

------------

 さて、ビッグ3です。

  • 破たんしてから助けるか?
  • 破たんしないように助けるか?

 どうなるのでしょうか。そして、

  • 米国政府が助けるのか?
  • 米国政府以外が助けるのか?

 どうなるのでしょうか。

 野村証券の岩澤誠一郎さんの以下のコメントが日経さんの記事になっています。

 心配するな、織り込み済み、ということなんでしょうかね。

 どうなるのでしょうかといいつつ、私は、仕事とドルコストを淡々と続ける日々です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 少額の株式投資、総額500万円まで非課税 | トップページ | 世界の時価総額推移 1990-2007 »

コメント

こんにちは、いつも参考にさせていただいております。

GMは、政府が破綻させないように助けるという方向でないと、非常に処理がリスキーになってしまうような気がしますが…。どの道、やがて破綻する可能性が高いとは思いますが、今はまずいのじゃないでしょうか。

株式投資の比率、私が考えている比率と同じです。これまでの時期は、この比率がなんとなく安心できたという人が多いのじゃないでしょうか(科学的根拠なし^^)。この比率の肝は、半ぐらいはは国外にという点と、世界インデックスではアメリカよりかかりすぎで心配といいうところでしょうか。

これからの比率は、新興国系を多くして、日本とアメリカを少し減らすというところでしょうか。

投稿: おじさん | 2008年12月13日 (土) 11時31分

おじさん様
>なんとなく安心できた
 まったくご指摘の通りの理由です。
 世界時価総額分散の比率については、悩ましい限りです。

投稿: NightWalker | 2008年12月13日 (土) 16時45分

ドル以外に頼れる通貨があまりないのが問題ですね。
もしよければ相互リンクしませんか。よろしくおねがいいたします。よいお返事おまちしています。

http://ecostock.seesaa.net/

投稿: ケイ | 2008年12月14日 (日) 04時57分

ビッグ3については合併するのではないかと思っていましたが、お互い財務状況が悪すぎるのか、似たような車種なので合併効果がないのか、そんな噂もなくなりましたね。

投稿: みきぱぱ | 2008年12月14日 (日) 08時03分

 皆様コメントありがとうございます。
>ケイ様
 世界全体として、大きな変革が要求されているのかもしれませんね。
 なお、相互リンクは、下記エントリーからお願いしておりますが、別途検討させていただきます。
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2005/09/post_f568.html

>みきぱぱ様
>似たような車種
 そうかもしれません(^^;)。

投稿: NightWalker | 2008年12月14日 (日) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43404105

この記事へのトラックバック一覧です: 私の米国投資比率 2008/12:

« 少額の株式投資、総額500万円まで非課税 | トップページ | 世界の時価総額推移 1990-2007 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.