« 2008冬 お勉強読本 2冊 | トップページ | 2008 年末のごあいさつ »

2008年12月30日 (火)

大納会 2008

 本日は、2008 大納会でした。

 大変な一年でした。

 日経平均を見てみます。

 下記の本、P71のグラフにあるような 平均回帰の傾向は、残っているでしょうか?

始値 高値 安値 終値 騰落率
1 14691.41 14691.41 12573.05 13592.47 -21.8%
2 13497.16 14031.30 13017.24 13603.02 -22.7%
3 12992.18 13215.42 11787.51 12525.54 -27.5%
4 12656.42 13894.37 12656.42 13849.99 -20.4%
5 13766.86 14338.54 13655.34 14338.54 -19.8%
6 14440.14 14489.44 13481.38 13481.38 -25.7%
7 13463.20 13603.31 12754.56 13376.81 -22.4%
8 13094.59 13430.91 12666.04 13072.87 -21.1%
9 12834.18 12834.18 11259.86 11259.86 -32.9%
10 11368.26 11368.26 7162.90 8576.98 -48.8%
11 9114.60 9521.24 7703.04 8512.27 -45.7%
12 8397.22 8859.56 7863.69 8859.56 -42.1%
  • 月末騰落率の最低が、△48.8%
  • 平均リターンを6% 標準偏差を20%とすると、2.7σ
  • 2.7σの起こる確率(ダウンサイドのみ)=0.3%

 「100年に一度(流行語かしら^^;)」・・・・です。

 生き残れたことを神様に感謝しよう(^^;)。

 さて平均回帰(一定期間のリターンを年次リターンに換算)を見てみます。(インフレ率は一切考慮していません。あしからずm_m)

200812301

 平均回帰の傾向に変わりはありませんが、25年間投資した時の最悪リターンが、0%を下回ってしまいました。(去年までは、すべてプラスでした。)

  • 長期投資の道は、険しい

 ようです。(長期投資とは50年なり!(おいおい^^;)というわけです)

 長期投資をすると必ず儲かるかのごとく、書かれた文章を見かけることもありますが、この点はよく気を付けたほうが良いでしょう。

 期間別の年次リターン換算値推移を見てみます。

200812302_2

 10年のリターン(年次換算)が底を打ったかに見えるのが救いといえば救い?

 しかし未来はわかりません。来年はどうなるでしょうか。

 ちなみに私が興味を持っているのは、何度か書いてはいますが、バブル時、1989年末終値 38915.87円を、25年後である2014年、あるいは、30年後である2019年に上回ることができるのか?できないまでもどこまで近づくのか?ということです。

 この検証には、まだまだ時間がかかります。

 もちろん、われわれ自身の今後の経済活動が、そのカギを握っています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 2008冬 お勉強読本 2冊 | トップページ | 2008 年末のごあいさつ »

コメント

あつまろです。こんにちは。
インカムも踏まえるとさすがに4半世紀で
プラスになるのではないかと思っているので、
すごく興味深いグラフではあるのですが、
ちょっと見方と前提がよくわかってないのですが、
リターンは株価だけで見てるのでしょうか?
それともインカムも踏まえたリターンになっているのでしょうか。

投稿: あつまろ | 2008年12月31日 (水) 01時01分

あつまろ様
 コメントありがとうございます。
 単なる日経指数ですので、インカムゲインは含まれていません。ご指摘のように、期待インカムの年率分をプラスする必要がありますね。一方でインフレ調整分をどうみるか、というのもあります。

投稿: NightWalker | 2008年12月31日 (水) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43577623

この記事へのトラックバック一覧です: 大納会 2008:

« 2008冬 お勉強読本 2冊 | トップページ | 2008 年末のごあいさつ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.