« 楽天証券さんの新コンテンツ わかりすぎ抜群マネー講座 | トップページ | 楽天525についての補足 »

2008年11月11日 (火)

楽天資産形成ファンド(愛称:楽天525)11月17日募集開始

 楽天さんから、噂のファンドが登場です。

  ビデオでも解説してくれます。

 さて、特徴を整理してみます。

  • 販売手数料 なし
  • 信託報酬率 0.525%
  • 信託留保 なし

 楽天525の、525は、信託報酬率の0.525%から、来ているそうです。

  気になる資産配分は・・・・・

資産
クラス
マザーファンド名 投資
配分
国内債券 安田日本債券マザーファンド 26%
国内株式 安田日本株マザーファンド 42%
外国債券 安田外国債券インデックスファンド 10%
外国株式 安田アメリカ株マザーファンド 19%
安田欧州株マザーファンド
安田アジア株マザーファンド
現金 - 3%

 比較のために、各資産クラスを同一配分で、インデックス系商品と国債で構成した場合の信託報酬を計算してみます。

資産
クラス
参考商品 投資
配分
信託
報酬率
国内
債券
個人向け国債 26% 0%
国内
株式
1306(ETF) 42% 0.1155%
外国
債券
STAM グローバル債券インデックス・オープン 10% 0.672%
外国
株式
STAM グローバル株式インデックス・オープン 19% 0.777%
現金 現金 3% 0%
加重平均 0.263%

  ・・・・・・・・・・・・・インデックスばんざーい! STAMシリーズばんざーい!! 

 なお、ポッキーさんのコメントによりますと、今回もSTAMシリーズは、分配金ゼロのようです。

 ついでにファンドの海さんのツールでリスクリターンを計算してみましょう。現金クラスは、日本債券ということにしてっと・・・・

  • 期待リターン4.19%、リスク11.25%

 と出ました。

 数字は語る!

 それでは!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 楽天証券さんの新コンテンツ わかりすぎ抜群マネー講座 | トップページ | 楽天525についての補足 »

コメント

こんばんは。

バランスファンドとして考えると、価格破壊的な設定ですよね、あえて横並びでなくバランスファンド最安値を取りに行った楽天証券にはビックリしました。
(ETF等を使うとコストダウン可ですが、STAMシリーズだけでそろえると、0.525%以上になりそうですし、自動リバランスの手間も請け負ってくれますので)

しかも、このコストでアクティブ運用するのにも驚きました

投稿: モンチ | 2008年11月11日 (火) 00時31分

おはようございます。

個人的には購入しないと思いますが、
楽天及び安田投信に拍手ですね。
是非成功していただき、アクティブファンドの高報酬率に胡坐をかいている業界に鉄槌を下して欲しいと思います。

それから、上記の表ですが個人向け国債の信託報酬率が0%というのはどうでしょう?
10年・変動型なら実質的には0.8%(基準金利からの控除率)ですからね。

投稿: あまのじゃく | 2008年11月11日 (火) 07時01分

すごい商品ですね!

投稿: takesita2008 | 2008年11月11日 (火) 09時02分

FoFのコストをみるときに個別のインデックスファンドで構成した加重平均コストと比べるというのは私もいつもやります。
今回の楽天ファンドもそうですが、ほとんどは(というか99%は)個別にファンドを組み合わせて買うほうがコストが低いですね。FoFという性格上仕方ないことですが低コストのバランスファンドがもっとでてくるといいですね。

投稿: w3zero7 | 2008年11月11日 (火) 23時34分

皆様コメントありがとうございます。
>モンチ様
>STAMシリーズだけでそろえる
 鋭いご指摘ありがとうございます。次のエントリーで計算してみました。

>あまのじゃく様
>10年・変動型なら実質的には0.8%(基準金利からの控除率)
 おお。これまた鋭いご指摘ありがとうございます。確かにその通りの側面がありますね。

>takesita2008様
 すごいです。

>w3zero7様
 ちなみに、本ファンドはFOFではなく、ファミリーファンド形式のようです。低コストのファンドについては今後も期待したいですね。

投稿: NightWalker | 2008年11月12日 (水) 00時13分

個人向け国債(10年変動)の適用利率が、基準金利から80bp差し引かれるのは、固定金利と変動金利の条件の違いによる調整であって、信託報酬などのコストとは全く別物だと思いますが・・・

例えば住宅ローンと借りる場合でも、固定金利と変動金利では金利に差がありますが、どちらかが余計にコストがかかっているわけではないでしょう?

投稿: ベム | 2008年11月12日 (水) 13時38分

べム様
 コメントありがとうございます。
 おっしゃる通り、コストという意味ではそうですね。

投稿: NightWalker | 2008年11月12日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/43073725

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天資産形成ファンド(愛称:楽天525)11月17日募集開始:

» 楽天資産形成ファンド(愛称:楽天525)注目です [不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ]
楽天証券オリジナルファンド  「楽天資産形成ファンド」(愛称:楽天525) 世界の伝統的資産(日本株式・海外株式・日本債券・海外債券)... [続きを読む]

受信: 2008年11月11日 (火) 09時01分

« 楽天証券さんの新コンテンツ わかりすぎ抜群マネー講座 | トップページ | 楽天525についての補足 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.