« ベア・ファンドの今日この頃 2008/10 | トップページ | 2008/10/18 週末 »

2008年10月16日 (木)

ETFの投資に向いている投資家とは?

  stern18  さんからコメントいただきました。いつも有益な情報ありがとうございます。

 バンガードさんのサイトのコラムです。

 これによりますと、

  • 株式売買のような流動性の高い取引(早い話、指値ができるとか、そういうことでしょうか)がお好みの方
  • 大口取引の方(売買コスト負けしない方ということでしょうか)
  • 低い運用コストの恩恵が受けられる方(売買コストのかかるETFでは、低い運用コストメリットを享受するには、大きな金額を長期で運用する必要があります)

 がETFの投資に向いている投資家だそうです。

 ちなみに、

  • 定期積立派
  • 投資額が少額

 の方は、ファンド向きとのことです。(もちろんここでのファンドとは、ノーロードのインデックスファンドのことです)

 うーーん、私は、やっぱり、ファンド派なのかなあ。

 なお、最近では、STAM(とよぴ~さんの下記エントリーによるとスタムと読むそうです)などのように、かなりローコストで、ノーロードで、分配もあまりしなさそうで、信託報酬率も資産額の増加に応じて減っていきそうな気配のある優秀なファンドが出てまいりました。

 STAMシリーズは、私もドルコストの主力としております。

 ・・・・・・・・・あれーーーー?、バンガードさんのご紹介の記事が、いつの間にか、住信さんのご紹介に・・・・・(^^;)。

 バンガードさんも本国では、素晴らしいファンドを売っているのになあ。

 日本人のための優良インデックスファンド(いわば、日本のバンガード)は、結局、ニッポンの個人投資家の成長と住信さんのような国産投信会社さんの努力とで、作っていくものなのかもしれません。

----------------

 ところで、バンガードさんの

 というサイトの「投資入門」というコンテンツは、なかなか、良いですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ベア・ファンドの今日この頃 2008/10 | トップページ | 2008/10/18 週末 »

コメント

記事の紹介ありがとうございます

ETFのメリットと十分勝負できる内容のインデックスファンドのメリットなので悩みどころですよね?

最近、証券化商品の危険性やETNの件あたりから堅実な投資信託なら『それでいいかな?』って感じもしてきました。
答えはもう少し先になりますが・・・。

投稿: とよぴ~ | 2008年10月16日 (木) 05時58分

アメリカではもはやETFと一般投資信託で信託報酬に格差がありませんしね。

住信STAMなどの信託報酬も、いずれTOPIX-ETFと同水準になるんだろうか?とひそかに考えていることもあります。

投稿: 新幹線 | 2008年10月16日 (木) 12時18分

わざわざ記事に取り上げてくださいまして、ありがとうございます。NightWalker様はじめ、皆様から寄せられるコメントを読みながら、いつも勉強させて頂いております。
自分では気付かないこと、忘れていることなどを想起するよい機会となっています。
これからもいろいろと楽しい分析をお願いいたします。

投稿: stern18 | 2008年10月16日 (木) 15時08分

日米でインデックス投資環境が違う(主にインデックスファンドの運用コスト)ので、米国と同じように議論することができないと思います。
以前、似たようなことを記事にしたことがありますので、ご興味がありましたらどうぞ。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-537.html

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2008年10月16日 (木) 22時05分

 皆様コメントありがとうございます。
>とよぴ~様
>答えはもう少し先
 そう思います。私は、良くなる!と信じています。


>新幹線様
 良い投資信託を作っていくのは、新幹線さんの世代だと思います。期待しています。

>stern18 様
 これからも情報よろしくお願いしますね。

>水瀬ケンイチ様
「今の」日本の実情が「未来の」日本の実情なのでしょうか?私は、未来を信じることにしました。

投稿: NightWalker | 2008年10月16日 (木) 23時46分

NightWalker様、ありがとうございます。
どうでも良い情報提供で、あまりNightWalker様のブログを汚してしまうのも、どうかと思ったのですが、関連しそうな記事がNIKKEI NET(「ETFのメリット・デメリット」http://www.nikkei.co.jp/ps/etf/index.html)にもアップされておりましたのでお知らせします。
ETFの自動再投資と自動定額積立(ETF版ドルコスト平均法)について言及されています。
記事でふれられている「るいとう」は野村のサービスのことだと思いますが、これを利用すると、コスト倒れしてしまいそうですね。

投稿: stern18 | 2008年10月17日 (金) 00時40分

stern18様
 るいとうは、

・売買時にかかる1%程度の手数料
・年3000円程度の口座維持手数料

 をどうみるかですね

投稿: NightWalker | 2008年10月18日 (土) 13時06分

おつかれさまです。。
今始めて知ったことがあります。。スタムですか。。エスタムって呼んでいました。

買っている金融商品の呼び方も分かりませんでした・・・自分が未熟すぎます。
ETFへのリレーをされている方も多くいらっしゃいます。。がしかし、ですが手数料もかかるしまあいっかとほっといています。

投稿: silencejoker | 2008年10月21日 (火) 08時11分

silencejoker様
 コメントありがとうございます。
>エスタムって
 ATOKをエートックと読む感じですかねー。
>まあいっかと
 手数料と手間は、けっこう大きいですね。

投稿: NightWalker | 2008年10月22日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/42801263

この記事へのトラックバック一覧です: ETFの投資に向いている投資家とは?:

« ベア・ファンドの今日この頃 2008/10 | トップページ | 2008/10/18 週末 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.