« リレー投資時のコスト回収に要する時間の試算 | トップページ | 当ブログにお越しの皆さんが、全員、STAM グローバル株式インデックス・オープンを毎月1万円ずつ購入したら »

2008年9月29日 (月)

「『貯蓄から投資』に関する特別世論調査」にいまさら思う

 何気なくネット証券で、東証一部の銘柄をスクリーニングしていたら、東証一部の銘柄、半分以上 PBR 1.0以下でした・・・・もう、びっくりです。

 さて、閑話休題coldsweats01

 9/28付け朝日新聞に「貯蓄から投資へを考える」という記事がありました。この記事自体は、ご紹介しませんが、ここにあった内閣府の調査に興味をひかれ、調べてみたら、ネットで発見。

<調査概要の抜粋>

    • 全国20 歳以上の方、3,000 人
    • 有効回収数 1,728 人(57.6%)
    • 調査期間 平成19 年5月17 日~5月27 日
    • 調査項目、「貯蓄から投資へ」という国の方針の認知度、 国民の多くが投資より貯蓄を選ぶ理由、重要と思う国の取組、現在所有している証券の種類、株式・投資信託への投資の現状と今後の意向

  さて、個人的におもしろかったのが、「重要と思う国の取組(複数回答)」です。

    • 商品内容やリスク(損失の可能性)の説明を強化する等,個人投資家を保護するための制度を整備すること 41.4%  
    • 違反企業や不公正な取引の取締りを強化すること(市場監視の強化) 38.1%
    • 株式保有や売買による利益に対する税負担を軽減すること(税制上の優遇措置)26.9%
    • 納税手続を簡素化すること(特定口座制度の導入) 25.5%

 ちなみに、私が重要と思うのは、上記にはありませんが、

  • 投資に関する正しい教育

  です。

 また、個人の投資に関する現状ですが、本調査では、以下のようになっています。

200809301_2

200809302

 一言でいえば、(総じて)リスクテイクしない国民なんですかねー。自身を振り返ってみても思い当たる節があるので、とやかくは申しませんcoldsweats01

 しかし、

  • リスクなくしてリターンなし!

 そして

  • リスクあってもリターン不確実coldsweats01

 なお、コストは確実です。念のため。

 なお、「『貯蓄から投資』に関する特別世論調査」は、結構、突っ込みたくなるところがたくさんあるように思いますので、ぜひ、ご覧ください。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« リレー投資時のコスト回収に要する時間の試算 | トップページ | 当ブログにお越しの皆さんが、全員、STAM グローバル株式インデックス・オープンを毎月1万円ずつ購入したら »

コメント

> 投資に関する正しい教育

100%同意します。

でも... 今、朝のズーム・インでタンス預金特集
やってましたよ...

デフレの時代には、それでも良いかと思いますが
物価が上がっているときにタンス預金では、実質
目減りするんですけどね...

投稿: ひろん | 2008年9月29日 (月) 08時06分

しかしながら、確実性という面では、タンス預金や銀行預金の方が上でしょう。
リターンを求めない人が多いということです。
力を最大限に発揮し、所得を上げて余剰金を確保していけばいいのですから。
所得が少なくとも、普通に働いている人であれば、貯蓄額を確保しても切り詰め
れば生活できるものです。
日本人は堅実なのです。
それはそれで良い事ではありませんか。
昨今、日本人らしさが失われていく中で、良いことだと思いますよ。

投稿: 通りすがり | 2008年9月29日 (月) 14時12分

> リターンを求めない人が多いということです。

その人の判断ですから、それはそれでかまわない
と思いますよ。でも、リスクを取ってリターンを
得た人を妬んだり、足を引っ張るようなことは、
みっともないからやめろと言いたい。


> 日本人は堅実なのです。

そうですか?
私の知っている範囲で、TVでゴールデンタイムに
消費者金融のCMやクレジットカードのリボ払いの
CMをやっていたり、駅周辺で消費者金融の看板が
乱立しているような国は、日本だけです。

投稿: ひろん | 2008年9月29日 (月) 20時42分

>リターンを求めない人が多い
というより、リスクを極端に怖がる人が多いような気がします。
「投資=ギャンブル」と思っている日本人が多いのではないでしょうか。

>力を最大限に発揮し、所得を上げて余剰金を確保していけばいいのですから。
>所得が少なくとも、普通に働いている人であれば、貯蓄額を確保しても切り詰めれば生活できるものです。

私の場合転職で、年収が半分以下になりました。今は貯金を取り崩しています。
贅沢したいとは思いませんが、将来を考えると投資は必要です。まだ先は長いので。
(ただ今はマイナス運用・・・・)

投稿: みきぱぱ | 2008年9月29日 (月) 22時42分

皆様コメントありがとうございます。
>ひろん様、通りすがり様
 だれかがリスクをとるからこそ、リスクを取らなくても済む人がいるわけです。そして、その逆も言えるはずです。共存共栄という考え方が肝要かと(^^;)。

>みきぱぱ様
>「投資=ギャンブル」と思っている
 これは、一面の真実だと思います。
 大事なのは、「ギャンブル=悪い」ではなく、「ギャンブル=オトナのゲーム」と考えられるメンタリティを持ち得るかどうかなのかなあ、と思っています。数あるギャンブルの中で、株式投資ほど公正なものはないのではないでしょうか(橘さん他の受け売りです^^;)

投稿: NightWalker | 2008年9月29日 (月) 23時54分

>「ギャンブル=オトナのゲーム」

この余裕ですよねhappy01
中毒にならず、スレスレの嵌らないところで・・・

こんなにおもしろいゲームはないかもgood

投稿: 投信戦略の発想法 | 2008年9月30日 (火) 13時04分

投信戦略の発想法様
 コメントありがとうございます。
>余裕
 この大きさがポイントですね。(もちろん人それぞれです)

投稿: NightWalker | 2008年10月 1日 (水) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/42619851

この記事へのトラックバック一覧です: 「『貯蓄から投資』に関する特別世論調査」にいまさら思う:

» なぜ「貯蓄から海外分散投資へ」ではないのか? [ホンネの資産運用セミナー]
株式市場の下げ幅が一段ときつくなってきた。長期分散投資をしているとは言え、この下げは精神的に堪えるものがある。「貯蓄から投資へ」という政府の掛け声も宙に浮いた状態だ。 [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 12時08分

« リレー投資時のコスト回収に要する時間の試算 | トップページ | 当ブログにお越しの皆さんが、全員、STAM グローバル株式インデックス・オープンを毎月1万円ずつ購入したら »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.