« 非課税限度額上げ要望 日本版401kで厚労省 | トップページ | 情報はこちらへ! »

2008年8月16日 (土)

S&P500 の日次リターンのばらつきとリレー投資のプレッシャー

 リレー投資をしていると、気になるのが、ETF購入とインデックスファンド売却のタイムラグによる損失です。

 関係があるかもしれないのでS&P500の日次リターン分布を調べてみました。

 まずは、おなじみヒストグラム。1950/1/3~2008/8/12までの日次リターンを分析。Excel便利coldsweats01

200808161

 日次リターンのばらつきは、

  • プラスもあればマイナスもある。ほぼ、正規分布っぽく、分布している。
  • 日次リターン単純平均で0.04% 標準偏差0.9%

 となっています。

 リレー購入が1日遅れると、売却時よりも、高く買ってしまう場合と安く買える場合があるわけですが、その確率は、5分5分といったところ。(~0%未満 約47% 0%以上 約53% でした) もちろん、リレー投資の回数は人生の中でせいぜい数回~数十回? いつも負ける可能性もあります。

 こういうばらつきを見ていると、 リレーは、

  精神衛生上、良ろしくない(個人差があります) 。

 ということが言えるかと思います。一方、リレー投資の前段にあるドルコストは、

  精神衛生上、良ろしい(個人差があります) 。

 のであります。

 しかし、 ETFに比べ、コスト高の商品を持ち続けるのは、これまた、

  精神衛生上、良ろしくない(個人差があります) 。

 のです。いやはや 、矛盾しています。

 すっきりはしないわけですが、まあ、投資人生そんなもんです。

 そんなわけで、小口、ローコストで買えるなら、ETFダイレクト買いがいいと、私、個人は思っています。(個人的な見解です) 1306は、もうすぐそうなります。あとは早く、TOK等々が東証に上場してくれれば....。

<ご参考エントリー>

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 非課税限度額上げ要望 日本版401kで厚労省 | トップページ | 情報はこちらへ! »

コメント

NightWalkerさん、いつも大変参考になります。

水瀬さんのところでもコメントしましたが、
リレーは生活資金から借入れしてでも
タイムラグ限りなくゼロを心がけてます。
タイミングで手数料分ぐらい儲けてやろう
なんて変な気を起こすと、その倍ぐらい
損するのが落ちですから。

投稿: SRK | 2008年8月16日 (土) 10時57分

SRK 様
 コメントありがとうございます。
>タイムラグ限りなくゼロ
 賛同いたします(^^)。

>変な気を起こすと
 よくないですね。と言いつつ、よく起きてしまうのですが、私の場合(^^;)。自重するようにしています。

投稿: NightWalker | 2008年8月16日 (土) 11時32分

「稲妻が輝くとき」は年に数回だけです。たまたまリレーでその日を逃してしまったらと考えると、リレーは恐ろしいというのが私の考えです。だからといってリレー投資を否定するつもりはありませんが、1306を小口でかえるようになるのはよいことですね。

投稿: w3zero7 | 2008年8月16日 (土) 15時58分

w3zero7様
 コメントありがとうございます。
 そもそも稲妻が輝くときって、どんな時?と思い、エントリーを立ててみました。

投稿: NightWalker | 2008年8月17日 (日) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/42178530

この記事へのトラックバック一覧です: S&P500 の日次リターンのばらつきとリレー投資のプレッシャー:

« 非課税限度額上げ要望 日本版401kで厚労省 | トップページ | 情報はこちらへ! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.