« 野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で | トップページ | 国際投信、iシェアーズに投資する「グローバルETFオープン」を9月12日設定 »

2008年7月22日 (火)

今更ですが、SBI証券 手数料プランの比較

 いまさらですが、SBI証券の手数料プランの比較をしてみたいと思います。

 なお、こういった内容では、相互リンク先のstaygoldさんの

  がとても参考になります。たとえば、SBI証券ですと

 というエントリーで細かく解説されています。

 で、私はというと...図にしてみましたcoldsweats01

20080722

アクティブプラン スタンダードプラン
1日の
約定代金
合計額
手数料
(税込)
1注文の
約定代金
手数料
(税込)
~10万円 0円 ~10万円 200円
~20万円 250円 ~20万円 250円
~30万円 315円 ~50万円 450円
~50万円 500円
~100万円 900円 ~100万円 800円
以降100万円
増加毎に
420円
ずつ増加
~150万円 950円
~3,000万円 1,500円
3,000万円超 1,575円

 アクティブプランの場合、10万円以下は、ゼロ円です。

  低額の場合はアクティブプラン、高額の場合はスタンダードプランが有利のようです。(約定代金によって微妙に違います。)

 バイ&ホールド派だからというわけではありませんがcoldsweats01、私の場合、とりあえず、スタンダードプランのまま、放置してあったのですが、この機会にアクティブプランに変更しておこうっと。(個人的な判断です)

 いままで、10万円以下売買手数料無料の使い道が思い浮かばなかったのですが、もし、1306が10万円以下で買えるなら、活用できそうです。逆にいえば、10万円以上になる前にETFのリレーが必要とも言えますね。売買手数料がゼロになる料金体系を持っている証券会社さんの場合、ETF購入をする場合「まとめ買いをした方が得」というセオリーは通用しなくなるわけです。

 であれば、やっぱり、いきなりETF作戦もあり?

  • 山崎元さんによるとドルコストは損でも得でもないらしい(精神安定剤の効果はありそうですが)
  • インデックスファンド⇒ETF時に発生してしまうインデックスファンド売却価額とETF買付価格の差の問題はなくなる
  • しかし、自動積み立ては不可。

 などなど、検討したい思います。なかなか、楽しい検討課題です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で | トップページ | 国際投信、iシェアーズに投資する「グローバルETFオープン」を9月12日設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/41923285

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ですが、SBI証券 手数料プランの比較:

« 野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で | トップページ | 国際投信、iシェアーズに投資する「グローバルETFオープン」を9月12日設定 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.