« 今更ですが、海外ETFの売買手数料の比較 | トップページ | ブログ通信簿 2008/7/25-7/28 »

2008年7月28日 (月)

長期上昇相場と長期下降相場

 さて、本エントリーは、時々、私が読み返す本。

 この本は、ちょっと、万人におススメというような本ではありません。

 しかし、ところどころ、肝に銘じておきたくなるようなことが書かれています。

 たとえば、

  • 長期上昇相場は、ボラティリティは上向きトレンド。下方に向かうことは少ない。(バイ&ホールド有利)
  • 長期下降相場は、上下の変動がかなり大きく、ボラティリティは下向き。(バイ&ホールド不利)

 という指摘です。

 長期下降相場の場合は、「舟漕ぎ型投資」が有利とのこと。

 「舟漕ぎ型投資」というのは、たとえば、リバランスのように、利益をこまめに確定していくような投資方法のことらしく。

 リバランスの周期を、2年に1回(少ない)と1年に1回(頻繁)で比較。

  • 長期上昇相場では、両者に差はあまりなかった
  • 長期下降相場では、1年に1回(頻繁)の方がよかった

 というような結果を示していたりします。(この辺は、期間をどう取るかで、変わってくるのかもしれません。)

 日本のこの20年くらいは、長期下降相場でしたね。一方、今後の世界はどうなるか、よくわかりません。

 ご紹介した本では、「今は上昇相場か下降相場のどちらかであるかわからないときはどうすればよいのか」という問いに対して、

「ときどきポートフォリオをリバランスをする」

 という、すばらしい(おいおいっ)お答えを用意してくれていますcoldsweats01。世の中に絶対はありません。

 しかし、それにしても、分散は「株式と債券の組み合わせが基本」であることを痛感します。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 今更ですが、海外ETFの売買手数料の比較 | トップページ | ブログ通信簿 2008/7/25-7/28 »

コメント

こういう話は、なかなか答を出すのが難しいですね。

うさみみも「ときどきポートフォリオをリバランスをする」感じですが、訳わかんなくなる時があります(笑)

リバランスというより、3割は投機しているという感覚です…。

投稿: うさみみ | 2008年7月28日 (月) 21時45分

うさみみ様
 コメントありがとうございます。
>答を出すのが難しい
 これは、未来がわからないからです。
 今後10年が、上昇相場なのか下降相場なのか、わかれば、誰でもお金持ちになってしまうわけで。

投稿: NightWalker | 2008年7月30日 (水) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/41987031

この記事へのトラックバック一覧です: 長期上昇相場と長期下降相場:

« 今更ですが、海外ETFの売買手数料の比較 | トップページ | ブログ通信簿 2008/7/25-7/28 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.