« 今更ですが、SBI証券 手数料プランの比較 | トップページ | ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンドの第1期運用報告書 »

2008年7月23日 (水)

国際投信、iシェアーズに投資する「グローバルETFオープン」を9月12日設定

  ETFに投資するファンドが登場するようです。

国際投信投資顧問は「グローバルETFオープン」を9月12日に設定する。 同ファンドはETF(上場投資信託)であるiシェアーズ(iShares)を通じて幅広く分散投資をするもので、当面は1)新興国株式(資産配分:10%)、2)インカム(20%)、3)先進国株式・国債(30%)、4)インフレ対応(40%)──の4つの資産区分を選定し、この投資目的に適したiシェアーズを組入れる。年4回決算。iシェアーズはバークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループが設定・運用するETFのブランド名。

 ETFを使った投資信託、とうとう出ました、という感じです。

 相互リンク先のrennyさんがエントリーをあげていらっしゃいます。

 詳細はEDINETに出ています。 どういうファンドか、箇条書きしてみますと、

  • ETFを利用したファンドオブファンズ
  • 購入手数料は、2.1%(税込み)を上限に販売会社が決める
  • 信託報酬率 0.84%
  • 投資先のコストを含めた実質的な信託報酬率(概算)は 年率1.20%±0.05%(税込)程度
  • 為替は実質的な外貨建資産の50%程度をヘッジ
  • ほとんど債券で株式は、先進国株式15%程度、新興国10%程度、インカム系6.6%程度
  • コモディティを10%程度含む
  • 年4回決算
  • 販売会社 :三菱UFJ証券、三菱東京UFJ銀行

 ETFを使ったバランスファンドです。実質コストは、1%を下回ってほしかったですね。

 株式比率は低めです。先進国株式はTOKではありませんでした。まあ、当然か。

 ETFを拡販しようという意気込みを買いたい

 と思いますcoldsweats01・・・・・・・・・すみません、私は購入しないと思います。

 投資先を一覧表にしておきます。いっぱいあるなーwobbly。どれも、もとは信託報酬が安いですね。

分類 配分比率 指定投資信託証券の名称

信託(管理)報酬率(年率)

新興国株式

10%程度 iシェアーズMSCIブラジル・インデックス・ファンド 0.74%
以内
iシェアーズMSCIイースタン・ヨーロッパ 10/40 0.74%
iシェアーズMSCIインディア 0.99%
iシェアーズFTSE/新華A50チャイナ・トラッカー 0.99%
iシェアーズMSCIメキシコ・インベスタブル・マーケット・インデックス・ファンド 0.59%
以内
iシェアーズMSCI南アフリカ・インデックス・ファンド 0.74%
以内
インカム 20%程度 iシェアーズ・リーマン・クレジット・ボンド・ファンド 0.20%
iシェアーズ・ユーロ社債 0.20%
iシェアーズ・英ポンド建て社債 0.20%
iシェアーズJPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ファンド 0.60%
iシェアーズS&Pグローバル公益事業セクター・インデックス・ファンド 0.48%
iシェアーズS&Pグローバル・インフラストラクチャー・ファンド 0.48%
先進国株式・国債 30%程度 iシェアーズMSCI EAFEインデックス・ファンド 0.35%
以内
iシェアーズMSCI北米 0.40%
iシェアーズ・リーマン1-3年米国国債ファンド 0.15%
iシェアーズ・リーマン3-7年米国国債ファンド 0.15%
iシェアーズ・リーマン7-10年米国国債ファンド 0.15%
iシェアーズ・ユーロ1-3年国債ファンド 0.20%
iシェアーズ・ユーロ3-5年国債ファンド 0.20%
iシェアーズ・ユーロ7-10年国債ファンド 0.20%
iシェアーズFTSE英国オール・ストック・ギルト債 0.20%
インフレ 40%程度 iシェアーズ・リーマンTIPS債券ファンド 0.20%
iシェアーズ・ユーロ・インフレ連動債 0.25%
iシェアーズ・英ポンド建てインデックス・リンク・ギルト債 0.25%
iシェアーズDJ AIGコモディティ・スワップ 1.00%
以内

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 今更ですが、SBI証券 手数料プランの比較 | トップページ | ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンドの第1期運用報告書 »

コメント

まったく予想どおりのくだらない投信設定ですが、
できればTOKを組み入れてほしかったですね。
そうしたら、いずれTOKの流動性がよくなり、
われわれ海外ETF購入組がTOKを利用しやすくなります。

投稿: etf | 2008年7月23日 (水) 12時11分

これなら別に、ETFじゃなくて普通のバランスファンドとしても良いような商品ですね。多分配というのは昨今の風潮に倣ったようですが・・・

信託報酬はまだバランスファンドと見るならば、普通の水準だと思いますが(私も買う気はしません)。

投稿: 新幹線 | 2008年7月23日 (水) 16時27分

皆様コメントありがとうございます。
>etf様
 TOKが売れると東証上場の可能性も高まるのではないかと淡い期待を持っています。

>新幹線様
 バランスファンドは、他にも、いいのがありますよね。

投稿: NightWalker | 2008年7月24日 (木) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/41937917

この記事へのトラックバック一覧です: 国際投信、iシェアーズに投資する「グローバルETFオープン」を9月12日設定:

» 国際投信がグローバルETFオープンを設定〜ETFセット販売という不思議な商法 [ホンネの資産運用セミナー]
あのグロソブを運用している国際投信投資顧問が複数のETFを組み入れたバランスファンド「グローバルETFオープン」を設定するとのこと(ロイター)。 [続きを読む]

受信: 2008年7月23日 (水) 00時32分

« 今更ですが、SBI証券 手数料プランの比較 | トップページ | ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンドの第1期運用報告書 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.