« 変額年金、「購入手数料ゼロ」広がる 住生、東京海上系など | トップページ | 野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で »

2008年7月20日 (日)

iShares S&P GSCI Commodity-Indexed Trust (GSG) の最近のチャート

 楽天さんやSBIさんで取り扱っている iShares S&P GSCI Commodity-Indexed Trust (GSG)の値動きをチャートにしてみました。

<週足>

200807201

<日足>

200807202

 ここ数日、ストーンという感じですね。

 ちなみに、私は、

  • チャートを見て投資はしない
  • 投資をする時チャートを見る(ドルコストなので、いつも見ているということに...)

 というタイプです。ついでにいうなら、

  • チャートを作るのが好きっ

 というタイプですcoldsweats01

 さて、最近、コモディティへの投機が与える影響を指摘する声も多いですが、

  • 過剰な証券化型資金調達(要は投資のための借金)に期待し過ぎたことによる経済不調(ITバブル崩壊、サブプライムローン問題などなど)
  • ドル信用力の低下(イラク戦争の巨額出費で使いすぎた?)

 などに最近の状況の本質的な原因があるのかなあ、と思いつつ、ビジネス誌を読んでいたりします。投機は買いもあれば売りもあるので、いずれ、歪みは消えたり、逆方向に歪んだりするように思えるのですが、本質的な問題は長い期間続きそうです。

 さてさて、今週号の日経ビジネス 2008.7.21号は、

  • ドル凋落 金本位制再び

 という特集です。ご興味のある方はどうぞ。

 私としては、通貨の信用力再強化、世界統一通貨みたいな方向が、ここ100年(長い!)の課題じゃないだろうか、などと考えています。昔読んだエスエフだと、遠い未来には世界連邦ができることになってます(爆)。

 未来はどうなるかわからないのですが、創るものでもあります。現在の金融システムは不完全かもしれないですが、ダメならダメで新しいシステムができていくと信じています。

 .......いずれにせよ、私としては、ドルコストですcoldsweats01 が、実際のご投資は、ご自身の責任と判断でお願いいたします。

  なお、付け加えておきますと、私はコモディティには投資しておりません。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 変額年金、「購入手数料ゼロ」広がる 住生、東京海上系など | トップページ | 野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で »

コメント

ドルの凋落が進むにつれ、「金本位制復活」の文字を見かける機会が増えてきましたが、金本位制復活はないと思っています。
金の絶対量に依存せず、各国の中央銀行の管理によって通貨をコントロールするほうが、現代の方法のほうが柔軟な金融政策をとれるからです。

いつになるかわかりませんが、新しい通貨システムが誕生することでしょう。まずは、IMFによるドルの救済でしょうか?

コモディティの調整が始まりましたね。原油(WTI)の価格は115ドル程度が妥当だと思われているので、この機会を狙っていた人も多いと思います。

投稿: グラフトン通り | 2008年7月20日 (日) 11時57分

グラフトン通り様
 コメントありがとうございます。
 妥当な価格というのは......よくわからないです(^^;)。

投稿: NightWalker | 2008年7月21日 (月) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/41907473

この記事へのトラックバック一覧です: iShares S&P GSCI Commodity-Indexed Trust (GSG) の最近のチャート:

« 変額年金、「購入手数料ゼロ」広がる 住生、東京海上系など | トップページ | 野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.