« 日経平均の月末終値 連続下落回数 1950~2008/6 | トップページ | ドルコスト 証券会社 一本化の検討 »

2008年7月 6日 (日)

2008/6 私のポートフォリオ  と 年金運用について

 2008/6 私のポートフォリオ です。

20080706_2

 やや、外国債券比率が上がりましたが、目標レンジ内です。

---------------

  こういう下落場面だと、10年レンジで考えている長期運用者ですら、それ見たことかとばかりの言われようをすることがあります。

2007年度の公的年金の積立金の市場運用利回りがマイナス6.41%と5年ぶりにマイナスになったことが3日分かった。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題を背景に、国内外の株安が直撃。運用損失は5兆8000億円に達した。運用低迷が長引けば、将来の国民負担につながりかねない。

 日経さんは冷静な表現ですが、もう少しヒステリックな表現をするメディアも当然、存在致しますことは、皆さま御承知の通りです。

 あたりまえですが、

  • 株は、時に下がる。

 のです。でも、

  • リスク許容度、投資コスト等々を勘案して、投資

 しているのです。

 年金運用サイドでは、下記リンクの通り、ほそぼそと?説明しているんですが、どの程度、認知されているのでしょうか。

 これによると、現在の基本ポートフォリオは、

  • 目標収益率3.37%、リスク(標準偏差)5.55%

 ですから、マイナス6.41%という下落は、1.8σ程度のブレだったことになります。 とはいえ、わかっていても、不安になることがあります。(通りすがり様のご指摘で修正いたしました)

 そういう時は、

  • 本エントリーでご紹介したように ご自身のポートフォリオをビジュアル化して、変化を見る
  • 意図しない変化が起きている場合は、原因を調べる(多くは過剰投資だったり、価格の変動です)
  • それでも、気になる場合は、リスク許容度を再度チェックする。状況に応じ、ポートフォリオを見直す。
  • 生活防衛資金等の全財産におけるリスク資産の割合を調べてみる(上記の私のポートフォリオには含まれていないのでご注意ください)

 などを実施してみることをおススメしておきます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日経平均の月末終値 連続下落回数 1950~2008/6 | トップページ | ドルコスト 証券会社 一本化の検討 »

コメント

> これによると、現在の基本ポートフォリオは、
> 目標収益率3.37%、リスク(標準偏差)5.55%
> ですから、マイナス6.41%という下落は、1σ程度のブレだったことになります。

(-6.41-3.37)÷5.55≒-1.76σが正しいと思います。
-1.76σ以下となる確率は3.92%ですから、25~26年に一度程度の
確率で起こる下落幅であったということです。

私自身は、このような小さな確率が意味を持つかどうか疑問に
思っています。東京証券取引所が出来てから、まだ130年しか
経っていない訳ですから、元データが少なすぎます。

投稿: 通りすがり | 2008年7月 6日 (日) 12時58分

通りすがり様
 おお、そうですね!
 ご指摘ありがとうございます。
 記事を修正いたします。

投稿: NightWalker | 2008年7月 6日 (日) 14時54分

それにしても、3月の下げ相場も含めてマイナス6パーセント。それほど悪くないと思いますが、今年も下げ相場が続いていますね。。

投稿: silencejoker | 2008年7月 6日 (日) 15時53分

公的年金運用の最大の問題点は、ポートフォリオの2/3を占める国内債券の期待収益率を3%と過大に見積もっていることだと思います。

本当に長期金利が3%になったとしたら、既存の債券投資は(1.6%-3.0%)×デュレーション5年=7%の含み損を抱えるのにね。

年金積立金…とかいう天下り独法が御用学者を集めて、
債券重視のポートフォリオを崩さないように、鉛筆を舐めさせて、基本ポートフォリオを作らせたという匂いがぷんぷんします。

投稿: あまのじゃく | 2008年7月 7日 (月) 07時16分

皆様コメントありがとうございます。

>silencejoker様
 いくつかの資源国をのぞいて下がってますね。

>あまのじゃく様
 なるほど。国内金利が上昇すると、債券価格の下落で年金資産運用にも影響大なのかも。

投稿: NightWalker | 2008年7月 8日 (火) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/41750418

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/6 私のポートフォリオ  と 年金運用について:

» 成績不振を逆手にSWF阻止!? [The企業年金BLOG]
公的年金 運用マイナス6.41%に (NIKKEI-NET) 2007年度の公的年金の積立金の市場運用利回りがマイナス6.41%と5年ぶりにマイナスになったことが3日分かった。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題を背景に、国内外の株安が直撃。運用損失は5兆8,0..... [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 19時13分

« 日経平均の月末終値 連続下落回数 1950~2008/6 | トップページ | ドルコスト 証券会社 一本化の検討 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.