« STAMシリーズの運用報告書 | トップページ | STAM シリーズ 第1期 保有コスト一覧 »

2008年6月 5日 (木)

STAM グローバル株式インデックスの保有コストと主なインデックスファンドとの比較

 STAM グローバル株式インデックス・オープンの第1期 運用報告書が出ています(ここ

 さて、

 というエントリー(去年9月)と同じ方法で、STAMを交えて比較してみます。

 

  • 費用は最新にアップデート。
  • STAMについては、1/9~5/12までの期間を4か月(1/3年)として単純に按分して計算

ファンド名 2008年5月 決算
信託
報酬
その他の
コスト②
費用計
①+②
中央三井外国株式インデックスファンド 123円 13円 9.6% 136円 2月
STAM グローバル株式インデックス 24円 2円 7.7% 26円 5月/11月
ステート・ストリート 外国株式インデックス 140円 19円 11.9% 159円 11月
年金積立インデックスF海外株式(ヘッジ無) 141円 51円 26.6% 192円 10月
PRU 海外株式マーケット・パフォーマー 122円 40円 24.7% 162円 12月
トヨタアセット・バンガード海外株式F 175円 2円 1.1% 177円 4月

ファンド名 2008年5月
信託
報酬
率①




推定
平均
基準
価額
③=
②/①
費用

推定
実質
費用

④/③
中央三井 外国株式インデックスファンド 0.84% 123
14,643
136
0.93%
STAM グローバル株式インデックス 0.777% 24
9,266
26
0.84%
ステート・ストリート 外国株式インデックス 0.9975% 140
14,035
159
1.13%
年金積立インデックスF海外株式(ヘッジ無) 0.882% 141
15,986
192
1.20%
PRU 海外株式マーケット・パフォーマー 0.84% 122
14,524
162
1.12%
トヨタアセット・バンガード 海外株式F 1.34% 175
13,060
177
1.36%

  以上、私が個人的に好き勝手なやり方で計算したもので、結果に一切の責任は持てません。くれぐれも。ご参考にとどめておいてください。

 STAMは、ノーロードになった中央三井という 感じが次第に明らかになってきました。

 中央三井さんも、がんばって、ノーロードにしてほしいですね。

 それでは!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« STAMシリーズの運用報告書 | トップページ | STAM シリーズ 第1期 保有コスト一覧 »

コメント

一つ前のエントリーですが、記事紹介ありがとうございました。
STAMは信託財産留保額が他よりも安い点で、比較的短期にETFへリレーする場合にも使い良さそうかと感じています(費用負担の公平性という点では必ずしも良い事か判りませんが)。

投稿: じゅん@ | 2008年6月 5日 (木) 23時56分

じゅん@様
 コメントありがとうございます。
>費用負担の公平性という点では必ずしも良い事か
 もし、信託報酬をさらに下げて、その分、財産留保を上げるというのであれば、許せるかもしれません。信託報酬を下げないで財産留保だけ高くするというような、長期投資の美名のもとに単にがめつい?ファンドでは 困りますがcoldsweats01
 

投稿: NightWalker | 2008年6月 6日 (金) 06時08分

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
既にご存知だったら本当に申し訳ないのですが、
STAMグロ株と中央三井外株のレポートを見比べると、
STAMは配当を控除した指数を、
中央三井は配当込指数を
ベンチマークとして掲載しています。
目論見書上の表現はほぼ同じなのですがrain

今後相場が好転すると分配金の額に
差が出てくるかもしれませんね。
無手数料に惹かれてSTAMを使っている私にとっては、
杞憂か勘違いに終わってほしいところですcatface

投稿: furubuchi06 | 2008年6月 7日 (土) 17時35分

furubuchi06様
>STAMは配当を控除した指数を
 ご教授ありがとうございました。
 STAM外国株式クラスの場合、配当要因が+1.00%と書いてありますのでこれを差し引くとトラッキングエラーは。△0.04%となります。中央三井の先期決算のそれは、△1.0%でしたから、STAMは遜色のない運用をしているのではないでしょうか。
 しかし、比較期間が違うので何とも言えません。こういった値は、ある程度の期間のパフォーマンス差として顕在化してくる(バレるcoldsweats01)はずなので、ほんとのところは、まだ先にならないとわからないと思っています。

投稿: NightWalker | 2008年6月 8日 (日) 10時42分

こんにちは。お返事ありがとうございました。
すでに実績ある住信ですから指数との乖離は
あまり心配していないのですが、
潜在的な分配余地が大きく認識されるのではないかなあ
という風に思ってしまっただけです。
(ちっとも数学的でなくてスミマセン)

考えてみれば、分配してもしなくても
レポートに載る騰落率は同じですものね。
会社・ファンドの方針如何ですよね。

勉強させていただいてありがとうございました。
また楽しみに読ませていただきます。

投稿: furubuchi06 | 2008年6月 8日 (日) 13時53分

題名の趣旨と外れてしまい申し訳ありませんが・・・
ジョインベストGBFの運用報告書が出ていますね。
http://www.cmam.co.jp/fund/report/report00561.pdf

隠れコストが保管費用等の1円のみには驚きです

投稿: ポッキー | 2008年7月22日 (火) 23時55分

ポッキー様
 情報ありがとうございます。
 1円、安いですね!

投稿: NightWalker | 2008年7月23日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/41426231

この記事へのトラックバック一覧です: STAM グローバル株式インデックスの保有コストと主なインデックスファンドとの比較:

» 「STAM グローバル株式インデックス・オープン」の第1期運用報告書 [乙川乙彦の投資日記]
乙は、毎月の積立投資として、STAM グローバル株式インデックス・オープンを購入しています。 2008.4.5 http://otsu.seesaa.net/article/92292888.html 2008.4.4 http://otsu.seesaa.net/article/92156333.html 2008.4.3 http://otsu.seesaa.net/article/92055448.html 最..... [続きを読む]

受信: 2008年7月 4日 (金) 04時29分

« STAMシリーズの運用報告書 | トップページ | STAM シリーズ 第1期 保有コスト一覧 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.