« 新生銀行 八城政基さん 復帰 | トップページ | かいたく投信さんの英断 »

2008年5月16日 (金)

年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式&債券の実質コスト

 浪速のおっさん様、ニヨロウ様よりコメント(12)いただきました。

 マネックスさんの年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式&債券の販売手数料ですが、ノーロードとはならず、1.05%でした。各社横並び。

 しかし、マネックスさんは良心的です。普通は、運用報告書を見て計算しないとわからない実質コストが記載されていました。

 表にしておきますと.....

対象 販売
手数料

保有
コスト

FWFエマージングマーケットファンド ノーロード

1.50%
実質約2.0%
(推定)

年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式

1.05% 0.89%
実質1.4175%程度
年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券 1.05% 0.79%
実質1.8375%程度
EEM 26.25
/31.5$
+
為替
手数料
0.74%

 どれにしようかな。

 それでは。

<関連エントリー>

 以下の皆様もお伝えです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 新生銀行 八城政基さん 復帰 | トップページ | かいたく投信さんの英断 »

コメント

保有コストについて目論見書を少し読んだのですが,
新興国株式だと
 以下の1)と2)を合計した額
 1)純資産総額の0.8925%
 2)有価証券の貸し付けを行った場合は,品貸料の0.525%
となっています。

マネックスさんは単純に数字の合計を表示しているようですが,2)の方は資産総額に対してかかるわけじゃないので(貸株サービスによる収入に対して0.525%,みたいなもんですかね),実際のコストよりも高く表示されているように思えます。

債券の方も同様に品貸料への1.05%が含まれて表示されています。

投稿: Hiroz | 2008年5月16日 (金) 22時51分

 品貸は保有株を貸すことなので、品貸料はコストではなく収入です。それを運用会社と投資で折半するという内容です。
 うまくいけばいいですが、貸し出し先が破綻すると損をかぶるのは運用会社ではなく投資家です。
 運用担当者が上司から「インデックスファンドは儲けが少ないから、頭使え!」ってねじまかれているイメージが浮かびます。
 インデックスファンドなんだから、あんまり色気出さないで欲しいです。
 

投稿: ドクター・イエロー | 2008年5月17日 (土) 13時31分

皆様コメントありがとうございます。

>Hiroz 様
 ということは、さらに?運用報告書を見ないと、やっぱりわからないですね。

>ドクター・イエロー様
>色気出さないで
 インデックスファンドに求めるものは、トラッキングエラーの極小化(コスト低減もその一つ)ですね。

投稿: NightWalker | 2008年5月17日 (土) 18時39分

運用報告を待ちたい所ではありますが、とりあえず新興国全般に投資しているという点で、BRICs型などよりは妥当な選択肢になると思います。

私は新興国投信を数本か持っていますが、現在これかFWFに統一することも検討中です。

投稿: 新幹線 | 2008年5月17日 (土) 23時02分

http://www.nikkoam.com/inc/940755/file/u940755.pdf

マザーファンドに売買委託手数料、有価証券取引税等、保管費用他の諸費用が発生していますので、実質コストは1.5%を超えるのではないでしょうか。

インデックスファンドですが高コストですね。

投稿: カッツ | 2008年5月18日 (日) 07時10分

皆様コメントありがとうございます。
>新幹線様
 乗り換えコストを考えるとノーロードの方が魅力的ですね。

>カッツ様
>高コスト
 トラッキングエラーが気になりますね。

投稿: NightWalker | 2008年5月18日 (日) 10時49分

初めまして。

単純に計算した場合、3年程度以上から年金積立のコストの方が安くなる計算ですか。(年金積立は信託財産留保額もかかるのですね)
EEMへのリレー投資用ファンドとして考えると、現時点では微妙そうです。
取り敢えず私は年金積立の運用報告書が出るまで、FWFのままになりそうです。(フィデリティは積立の申込/変更が面倒ですし…)

投稿: Alvis | 2008年5月18日 (日) 16時05分

Alvis様
 はじめまして。コメントありがとうございます。
 私もFWFの方を継続します。当面、「音なしの構え」です。

投稿: NightWalker | 2008年5月19日 (月) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/41227628

この記事へのトラックバック一覧です: 年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式&債券の実質コスト:

» 年金積立インデックスファンド新興国株式・債券の信託報酬がぁ [のらFPのブログ]
マネックス証券でも年金積立インデックスファンド海外新興国株式、同債券が取扱開始となった\(^▽^;)/ 事前に日興AMや他の証券会社から発表されていた数字と同じでノーロードではなかった。 しかし、信託報酬が。。。。 年金積立インデックスファン海外新興国株式が信..... [続きを読む]

受信: 2008年5月17日 (土) 01時45分

» 「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」積立開始 [もーまがBlog]
GW前のビックニュース、「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」へ投資可能に。 コスト(信託報酬)については... [続きを読む]

受信: 2008年5月18日 (日) 02時22分

« 新生銀行 八城政基さん 復帰 | トップページ | かいたく投信さんの英断 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.