« 日経新聞 マーケット総合1 「まちかど」 ETFにラブコール | トップページ | 日経平均と債券のリバランス 1957-2007  (2) »

2008年5月10日 (土)

日経平均と債券のリバランス 1957-2007  (1)

 日経平均のデータを使って、リバランスの効果を自分でシミュレーションしてみようと思い、やってみました。 連休ボケを吹っ飛ばすべく、ちょっと気合を入れてみました。

<条件>

  • 初年度に購入し、そのままリバランスし続けたと仮定
  • 日経平均と債券を50%:50%で組み合わせ続ける。
  • リバランスコストはゼロとする。(ほんとはいけませんが)
  • インフレ等の影響無視。(ほんとはいけませんが)
  • 債券の利率を年4%として計算(現実にはありえませんが)

<50年>

 20080510

<30年>

200805102

<メモ>

  • 50年ぐらい投資しないと儲からない。しかし、短い人生では無理。
  • 50年投資するのであれば株式100%の方が良かったが、未来はわからない。
  • リバランスは、リスク(変動)を低減する効果があるが、これは儲かるときのリターンを押し下げるという意味も含む。
  • 株式有利の時代と債券有利の時代があるようだ。しかし、やっぱり、未来はわからない。
  • 最高に儲かる方法は、稲妻きらめく1989年まで株100%、1990年~債券100%、2002年~株100%だが、無理っぽい。(ただし、少なくともWerder Bremen さんは除きます。書いとかないとなーcoldsweats01 )

 20年、10年は、次回掲載の予定です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日経新聞 マーケット総合1 「まちかど」 ETFにラブコール | トップページ | 日経平均と債券のリバランス 1957-2007  (2) »

コメント

あれ?呼びましたか(笑)。最近は、年を取ってだいぶ大人しくしていますよ、ホント!

まあ、コメントするならバブルの頂点で、8%の金利、日本国債(↓)拾ってれば為替リスク無しで、インデックスブロガー必殺の「現代・分散ポートホリオ理論」要らずの安心運用でしたね!72の法則、黙って9年待っていれば2倍ですから。20~30歳代の若手インデックスブロガーで国内外株式80%位?の人達、かなりリスクを取って、リターン8%くらいでしょうか。最近、水瀬さんのブログで、「早期リタイヤ」達成者の運用法で掲載されたフランクさんの個人年金9%も頷けます。この世代の方で、株、不動産に熱くならず、冷静に債券投資した方が勝者だったわけで見習う点が多々あります。謙虚にならないと(笑)。

http://www.mof.go.jp/singikai/zaiseseido/siryou/zaitoa151010b/21.pdf

投稿: Werder Bremen | 2008年5月10日 (土) 23時39分

アセットアロケーションの比率は難しいですね。
それはそうと日経平均の過去50年分のデータってどこから拾ってこられてのでしょうか。差し支えなければ教えてください。

投稿: w3zero7 | 2008年5月10日 (土) 23時56分

私も以前、リバランスの検討をしたことがあります。(リバランスコスト等が低いのであれば)リバランスしたほうが良いという結論に達しました。
そうしないとポートフォリオ理論が成り立ちません。

投稿: グラフトン通り | 2008年5月11日 (日) 01時05分

皆様コメントありがとうございます。

>Werder Bremen様
>冷静に債券投資した方が勝者だったわけ
 おっしゃる通りです。株式のバイ&ホールド戦略だけで乗り切るには、有限の人生では厳しいものがあるということを認識した方が良いと思っています。初心者向け投資本は、その辺は、書ききれていませんので。

>w3zero7 様

 ここです。
http://www3.nikkei.co.jp/nkave/data/index.cfm

 日経平均でググると、あっさり出てきます。日次データで50年分は大変ですので、月次データを使ってます。

>グラフトン通り 様
 リバランスは重要ですね。

投稿: NightWalker | 2008年5月11日 (日) 02時07分

なーるほど、ありがとうございます。

投稿: w3zero7 | 2008年5月11日 (日) 11時09分

インカムゲインは考慮されているのでしょうか?

投稿: shana | 2008年5月11日 (日) 14時42分

shana様
 コメントありがとうございます
 指数の変化のみで、インカムゲイン、インフレ要因、リバランスコスト等は、考慮していません。すみません。

投稿: NightWalker | 2008年5月11日 (日) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/41159707

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均と債券のリバランス 1957-2007  (1):

« 日経新聞 マーケット総合1 「まちかど」 ETFにラブコール | トップページ | 日経平均と債券のリバランス 1957-2007  (2) »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.