« 「DIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)<世界家主倶楽部>」の投資配分比率変更のお知らせ | トップページ | 最近のインドとチャイナ 2008/3 »

2008年4月 5日 (土)

黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術

 橘玲さんの新刊、「黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術」を読んでみました。

  相互リンク先の水瀬さんがご紹介していますね。

 一言で言って、

 さすがの一冊

 です。

 あとがきに

  • 本書は、「海外投資を楽しむ会」10周年企画として、これまでつちかってきた海外投資のノウハウを一冊にまとめたもの
  • 本書は臆病者のための株入門 (文春新書)の上級者版

 と書かれていましたが、まさにその通りの

 さすがの一冊

 です。

 本ブログをお読みの方であれば、おそらく、

  • 第1章 究極の投資VS至高の投資
  • 第3章 ミセス・ワタナベの冒険
  • 終章  億万長者になるなんて簡単だ

 あたりが、特に興味深く読めるところではないでしょうか。むろん、全章、面白いです。個人的にはヘッジファンドのお話が勉強になりました。

 また、各章の最後の1-2ページほどに書かれたテキストは、橘さんの深い洞察力と文筆家としての高い力量を感じさせるものになっていて、ため息が出るほどです。ぜひ、読んでいただきたい内容でした。

 昨今の軟調な相場状況では、時にとても不安になるわけですが、本書は、良質の精神安定剤ともなるでしょう。

 最後に、終章の最後の言葉を引用させていただきます。

自由とはたんなる観念ではなく、個人の経済力から生み出されるのである。

 この言葉の持つ意味は、非常に深い、と個人的に感じました。リタイアメントのみならず、サラリーマン生活でも、たんなる会社や市場の奴隷なのか、自由が確保されているのか、この境目に、これがあるような気がします。(個人的な見解です)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 「DIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)<世界家主倶楽部>」の投資配分比率変更のお知らせ | トップページ | 最近のインドとチャイナ 2008/3 »

コメント

> 自由とはたんなる観念ではなく、個人の経済力から
> 生み出されるのである。

まさしく、その通りですね。
自由とは、Financial Independence なんですよね。

投稿: ひろん | 2008年4月 5日 (土) 11時32分

僕も「さすがの一冊」だと思いました。
精神安定剤ゲットです(^^)

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2008年4月 5日 (土) 11時58分

「自由の立脚点は自立と自律である」
某恩師の言葉です。

会社に首輪でつながれているのではなく、
自分自身の能力と経済力を伸ばして
いつでもこちらから辞表を出せるぐらいの
気概と矜持で生きたいものです。

難しい、のですけどね。

智に働けば角が立つ、情に掉させば流される。
意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。
(夏目漱石)

強くなくては生きていけない。
優しくなければ生きていく資格がない。
(レイモンド・チャンドラー)

投稿: 千鳥足の投資家 | 2008年4月 5日 (土) 21時58分

皆様コメントありがとうございます。
>ひろん様
 自由の最初の前提に経済がありますが、心の自由というのは、これまた、ひとそれぞれであります。

>水瀬様
 橘さんの著作には、今後も期待しています。

>千鳥足の投資家様
>レイモンド・チャンドラー
 The Long GoodBye フィリップ・マーロウですね。自由を得る旅は、ハードボイルドなのかも。
 

投稿: NightWalker | 2008年4月 6日 (日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40770699

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術:

» 「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」(橘玲著)は難しいけどおもしろい [梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)]
「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」(橘玲著)を読みました。 これは、筆者も言っているように「臆病者のための株入門」の上級者版です。... [続きを読む]

受信: 2008年4月 5日 (土) 11時55分

» 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 [rennyの備忘録]
JUGEMテーマ:ビジネス 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術ダイヤモンド社橘 玲(著)発売日:2008-03-07おすすめ度:amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 遅ればせながらボクも読み終えました。 相互リンク先の皆さんもお読みになっていますね! 「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」(橘玲著)は難しいけどおもしろい  from 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記) 黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術  from NightWa... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 09時07分

» 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 [のらFPのブログ]
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術posted with amazlet at 08.04.14橘 玲 ダイヤモンド社 売り上げランキング: 95おすすめ度の平均: 本当の合理性は「非常識」 タイトルに比べて、ベーシック過ぎる投資法の紹介本 金融の世界を旅する本 MPT真理教徒なら役に立つかも. ど..... [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 21時38分

» 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 [海外投資生活]
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術(2008/03/07)橘 玲商品詳細を見る マネーの考え方についていろいろ参考になりました。 10年前までは金持ちし... [続きを読む]

受信: 2008年4月23日 (水) 23時53分

» 人的資本という考え方 - 「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」より [投信で手堅くlay-up!]
最近、橘玲氏の著書「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」を読んでいたのですが、これ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 12時28分

« 「DIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)<世界家主倶楽部>」の投資配分比率変更のお知らせ | トップページ | 最近のインドとチャイナ 2008/3 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.