« フィデリティ証券 サイトリニューアル | トップページ | 野村證券のサイト »

2008年4月23日 (水)

ほんと?

 rennyさんのブログによると

 マネックス証券が海外ETF?

 まだ、はっきりしたことは、いえません。正式アナウンスを待ちます。

 rennyさんが

サービス内容で是非切磋琢磨してもらいたいものです。

 とおっしゃっています。

 仮にマネックス証券さんが取り扱うとして、かなりの後発である上に、7月以降、規制緩和で東証重複上場の可能性もなきにしもあらずです。

 どういった差別化戦略をとるのか?

 楽しみです。

 バンガード?

 まさかねー。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« フィデリティ証券 サイトリニューアル | トップページ | 野村證券のサイト »

コメント

国内で販売するには該当ETFを金融庁に届出する必要があったはずです。バンガードが金融庁に届出したということは聞いてませんからそれはないでしょう。本音はほしいんですけどねー。

投稿: w3zero7 | 2008年4月23日 (水) 12時39分

マネックスが海外ETFを扱うのは本当のようです。前回出席した決算説明会で5月以降に順次取り扱うと松本さんが明言していました。ただし、今後3年間をかけてという話だったので、期待しているものがすぐにでてくるかは判りません。

投稿: くまぱん | 2008年4月23日 (水) 20時56分

 皆様コメントありがとうございます
>w3zero7様
 マネックスでしか買えない商品ってあった方が良いとは思いますが、難しいかもしれませんね。

>くまぱん様
 6/2が楽しみです。商品もですがサービス内容がどうなるか。

投稿: NightWalker | 2008年4月24日 (木) 00時16分

ともあれ公式発表を見てからでないと何もいえませんが、投資教育に熱心で手数料競争に非積極的なのがマネックスの特色なので、その点を考慮しての提供形態になるのではないか、と思っています。

米国ETFを取り扱うならば、他二社のように一部の米国株も取り扱うようになるのか…とも感じていたりしますが。

投稿: 新幹線 | 2008年4月24日 (木) 16時32分

新幹線様
 コメントありがとうございます。
 どうなるんでしょう。内藤忍さんもびっくりですから。

http://www.shinoby.net/2008/04/post_847.html

投稿: NightWalker | 2008年4月25日 (金) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40965530

この記事へのトラックバック一覧です: ほんと?:

« フィデリティ証券 サイトリニューアル | トップページ | 野村證券のサイト »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.