« ユニーク独立系投信 続々 | トップページ | 2007/3/30 ⇒ 2008/3/31 この1年でこう変わった。 »

2008年4月 1日 (火)

密かに買い進む「長期派」

 今週号の日経ビジネスの特集は、

  • 日本の時価を上げろ 新・モノ作り大国で危機脱出

 技術・投資金融立国のススメってことで、またか、という感じもしなくはなかったのですが、

 例によって「だから日本株はダメ」という調子の記事の中に、

 密かに買い進む「長期派」

 というタイトルが。

 シンガポールの政府系ファンドのCEOさんによると

  • 成長性だけなら中国やインドがいい
  • 日本は経済の規模、安定性、企業の質という点で素晴らしい

 とのことです。ほんまかいな。

--------------

 そういえば、シーゲルさんの本(p259-265)でも、経済成長率と株式のリターンは必ずしも連動しないことが指摘されていましたね。

 同書籍をお持ちの方は、p265をご覧ください。

成長に対する期待は、熱狂につながりやすく、結果的に、株価の過大評価につながりやすい。新興成長市場では、とくにそうなりやすい。中国市場でおこったこと(注:1992~2003のことです)は、まさにこれだった。ようするに、多すぎる資金が、少なすぎる銘柄に群がった。これが過大評価につながり、リターンを押し下げた。

 と書いてあります。おや?って感じですね。何度でも繰り返すってことかな。

 ところで、シーゲルさんのご指摘は、逆のことも言えるかもしれません。

成長に対する失望は、落胆につながりやすく、結果的に、株価の過小評価につながりやすい。成熟市場では、とくにそうなりやすい。

 (上記は、個人的な考えです、責任は持てません。あしからず。)

---------

 さて、記事に戻りますと、ノルウェーの政府年金基金も日本をいっぱい買っているとのこと。

 買う人は買うってことでしょうか。

 とはいうものの、冒頭の記事全体としては、

  • 現在の株安は割安ではなく妥当かもしれない。
  • 日本の企業の収益性の低さに根本原因があるので、ここを直さなきゃダメ
  • 優遇制度を整備するなどして海外の政府系ファンドの資金を呼び込め。

 という論旨でした。

----------

 私としては、

 静かに買い進む「長期派」

 でいきます。もちろん、日本だけじゃなく外国も。それ(ドルコスト)しか能がないのですけどね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ユニーク独立系投信 続々 | トップページ | 2007/3/30 ⇒ 2008/3/31 この1年でこう変わった。 »

コメント

経済成長率と株式のリターンの関係については、『中国株投資の王道』(バートン・マルキール)でも言及がありました。

そのうえで、中国株はなお上昇余地があり、というのが著者の見立てです。

投稿: レバレッジ君 | 2008年4月 1日 (火) 07時20分

過小評価っていうのは、いつか(中期的には)"過小でない適正な評価"に戻ることを前提においた表現だと思うのですが、
日本市場って、なんだか過小評価の永続的状態のように思えてきます。

投稿: 世界のREIT | 2008年4月 1日 (火) 19時51分

皆様コメントありがとうございます。

>レバレッジ君様
>『中国株投資の王道』(バートン・マルキール)
 読んでいないので、近いうちに読んでみたいと思います。ご紹介ありがとうございました。

>世界のREIT様
 この5~10年が日本も正念場かもしれません。

投稿: NightWalker | 2008年4月 1日 (火) 21時46分

日本が延びるか縮むか、確かに正念場ですが予想は難しいでしょうから、両方投資するのが「正しい」ということに結局はなってしまいそうですね。

私のように、世界>日本が永続的にいいかどうか(円高もありうるため)は分からない所ですが。

投稿: 新幹線 | 2008年4月 1日 (火) 22時30分

新幹線様
 コメントありがとうございます。
>円高
 為替はわかりません。変動相場制の長期的な裁定力に期待するしかないですね。

投稿: NightWalker | 2008年4月 2日 (水) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40711633

この記事へのトラックバック一覧です: 密かに買い進む「長期派」:

« ユニーク独立系投信 続々 | トップページ | 2007/3/30 ⇒ 2008/3/31 この1年でこう変わった。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.