« 黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術 | トップページ | 低コストのバランス型投信  メリットと選び方は? »

2008年4月 6日 (日)

最近のインドとチャイナ 2008/3

 「フィデリティ証券でPRUシリーズがノーロードで販売開始! とFWFインドフォーカスに関する残念なお知らせ」でもお伝えしたように、 実は無料でははなかったFWFインドですが、結局、無料になるようです。

 昨今の相場で、販売にテコ入れが必要になっているんでしょうか。

 インドとついでに中国の様子を見るべく、HSBCインドとHSBCチャイナの基準価額の推移を見てみます。

 HSBCインドが設定されたころの2005/11末の週を1とした比較です。

20080408

 これが、バブルの崩壊なのか、調整なのかは、あと何年か経たないとわかりません。

  1. 10年低迷していれば、あれはバブルだったという判断になる。
  2. 数年以内で回復していれば、あれは調整だったという判断になる。

 エマージング・リージョンは玉石混交であり、地域によって二つに別れるような気もしますし、そうならないかもしれません。どこがどうなるかは、誰にもわかりません。

 私は、EEMやFWFエマージングマーケットファンドなどによる、新興国市場まとめ買い方式を採用しているため、平均値になる予定です。

<追伸>

 フィデリティさん、為替手数料は、50銭と高めです。ここはネックですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術 | トップページ | 低コストのバランス型投信  メリットと選び方は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40742787

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のインドとチャイナ 2008/3:

« 黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術 | トップページ | 低コストのバランス型投信  メリットと選び方は? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.