« ジョインベスト証券 投資信託「STAM インデックス・オープン」新規取扱いに関するお知らせ | トップページ | 積極運用型投信 市場平均に勝てる? »

2008年3月 2日 (日)

マネックス資産設計ファンド(育成型) 第1期運用報告書

  マネックス資産設計ファンド(育成型)の第1期運用報告書が出ています。(こちら

1.分配金

 ゼロ。さすがです。

2.コスト

(a) 信託報酬 96円
(投信会社) (53円)
(販売会社) (36円)
(受託銀行) (7円)
(b) 売買委託手数料 0円
(有価証券取引税) (1円)
(c) 保管費用等 1円
合計 55円

  その他コストがほとんどかかっていません。立派です。

3. 運用経過(2007年1月26日から2008年1月11日まで)

  マザーファンドの運用経過

資産クラス
( )は組み入れ比率

騰落率

ベンチマーク
との差異

日本株式 (18.5%) ▲19.22% 0.05%
外国株式(15.8%) ▲4.09% ▲0.01%
日本債券(24.7%) 2.92% ▲0.03%
外国債券(22.8%) 3.88% 0.42%
日本リート(12.8%) ▲18.77% 0.22%
外国リート(5.4%) ▲30.00% ▲0.04%
単純平均(参考) ▲10.88% 0.10%
ファンド全体 ▲8.75% -

 ベンチマークとの差異、少ないです。偉いです。

ベンチマークの構成銘柄の変更に応じたポートフォリオのリバランス(銘柄入替え)、資金の流入・流出に応じたきめ細かなポートフォリオ調整を実施し、ベンチマークと同等のリスク特性を維持するよう努めました。

  とのことです。

  また、各マザーファンドの騰落率と全体の騰落率を見ていただければ、 多少なりとも分散の効果を感じることができるのではないでしょうか。

4.感想

 マネックス資産設計ファンドいいですね!

 個人的には、リートを含まず、海外資産比率に制限をかけないタイプが欲しいんですけどね。

  バランスファンドブームの火付け役と言っていい、マネックス資産設計ファンド。それでは、また、来年をお楽しみに。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ジョインベスト証券 投資信託「STAM インデックス・オープン」新規取扱いに関するお知らせ | トップページ | 積極運用型投信 市場平均に勝てる? »

コメント

当ファンドについては、REITの組入れをどう思うかで評価が分かれると思います。私の場合、当初この組入れをマイナス評価していましたが、最近少し考えが変わってきました。

これから投資を開始する分には、おもしろい存在だと思います。

ちなみに、私もほんの少しだけ投資しています。

投稿: レバレッジ君 | 2008年3月 2日 (日) 13時18分

はじめまして。
最近、投資信託を始めたぶち犬です( ̄▽ ̄

運用報告書、出てたんですね。マネックス資産設計ファンド(育成型)を中心にした運用を考えているので、とても参考になりました。

「分配金」「その他のコスト」に満足です^^

>海外資産比率に制限
個人的には助かっています。
と、言うのも自分の場合、ついつい日本をスルーして海外に走ってしまう所が有るので、ある種の「ブレーキ」になってくれる事を期待しています。

投稿: ぶち犬 | 2008年3月 2日 (日) 18時43分

皆様コメントありがとうございます。

>レバレッジ君様
 REITは両論ありますね。

>ぶち犬様
>海外に走ってしまう
 逆ホームバイアスですね。
 考え方はいろいろということで。

投稿: NightWalker | 2008年3月 2日 (日) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40326190

この記事へのトラックバック一覧です: マネックス資産設計ファンド(育成型) 第1期運用報告書:

» マネックス資産設計ファンド 第1期運用報告書 [成長株で億万長者]
マネックス資産設計ファンド(育成型)の第1期運用報告書が発表されています。 運用報告書は180ページと膨大な量があるのですが、NightWalker's Investment Blogさんでポイントをまとめてくれているので紹介しておきます。 信託報酬以外の余計な経費はほとん...... [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 19時50分

« ジョインベスト証券 投資信託「STAM インデックス・オープン」新規取扱いに関するお知らせ | トップページ | 積極運用型投信 市場平均に勝てる? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.