« 期待のニューカマー 興味深いファンドが続々登場 | トップページ | 2008/3/17 日経平均 標準偏差でみたら? »

2008年3月16日 (日)

マネックス証券 「STAM グローバルREITインデックス・オープン  取り扱い開始

 日経ヴェリタス創刊号が配達されてきました。トップ記事は、

  • それでもニッポンを買う

 です。  ポジティブ・シンキングで参りましょう。

--------------------------------

 マネックスさんでもSTAMシリーズを取り扱うようになります。コメントいただいた世界のREITさん、ニヨロウさん、ありがとうございます。

 取り扱うのは、「STAM グローバルREITインデックス・オープン」です。

 他社が投信の「多品種展開」を進める中、他社とは違うマネックス証券さんの姿勢を感じます。もちろん上場会社ですので、どちらが顧客満足度が高く、最終的に収益を上げるのか?という点はいずれわかることでしょう。

 マネックス証券さんのインデックスファンドのラインナップを整理してみます。

地域 資産クラス ファンド 連動指数
日本 株式 日経225ノーロードオープン 日経平均株価
インデックスファンドTSP 東証株価指数
債券
REIT MHAM J-REITインデックス
ファンド(毎月決算型)
東証REIT指数
外国(先進国) 株式 年金積立インデックスファンド海外株式
(ヘッジなし)
MSCI-KOKUSAI
債券 年金積立インデックスファンド海外債券
(ヘッジなし)
シティグループ
世界国債
インデックス
REIT STAM GーREITインデックス S&Pシティグループ
・グローバルREIT
インデックス
エマージング 株式
債券
コモディティ 損保ジャパン-DBLCI コモディティ 6 ドイツ銀行グループ商品指数
ニッセイコモディティファンド S&P GSCI ライト商品指数

 ?マークのところが、ありませんね。楽しみですね。(日本債券は売れそうもないし、エマージングはこれまで商品そのものがありませんでしたが...ご参考エントリー:期待のニューカマー 興味深いファンドが続々登場

<余談コーナー>

 さて、日経ヴェリタスの記事です。

 バリュー投資家が、一等地の不動産など、日本の割安物件を狙っている。政府系ファンドと個人投資家の時代が訪れる。という論調です。創刊号ということもあって、少し希望の持てる記事をトップに持ってきたのだろうと推察します。まずは、「創刊おめでとうございます」と。

 ただ、そのバリュー投資家の皆さんも、

当面は「業績悪化懸念から、日本株回避が強まりそう」と慎重だ。

 とのことです。もはや、業績悪化は「懸念」ではありませんからねー。そして、

「日本は割安株の宝庫」と信じ、安値で買える日を待っている。

 とのとのことです。

 考えることは一緒ですねー。

<おまけ>

 J-REITの予想配当利回りが、5%超えてました。(MHAM J-REITインデックスファンドの週次報告書によると3/14 5.36%)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 期待のニューカマー 興味深いファンドが続々登場 | トップページ | 2008/3/17 日経平均 標準偏差でみたら? »

コメント

日経ヴェリタスついに発行となりましたね。

創刊号はどんな内容になるかイメージしていたのですが、ほぼ想定どおりでした。

J-REITについても「9割が解散価値割れ」と記事になっていましたが、MHAM J-REITインデックスファンドに先日投資したところです。(少し早かったですが・・・)

投稿: レバレッジ君 | 2008年3月16日 (日) 16時08分

レバレッジ君様
 コメントありがとうございます。
 J-REITは微妙ですねー。

投稿: NightWalker | 2008年3月17日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40516088

この記事へのトラックバック一覧です: マネックス証券 「STAM グローバルREITインデックス・オープン  取り扱い開始:

« 期待のニューカマー 興味深いファンドが続々登場 | トップページ | 2008/3/17 日経平均 標準偏差でみたら? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.