« ドル円レートと日経平均 1999/1-2007/12 | トップページ | 期待のニューカマー 興味深いファンドが続々登場 »

2008年3月14日 (金)

フィデリティ証券 ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン 発売開始

 フィデリティ証券さん、STAMシリーズと同時に

  • ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン

 も発売開始です。(ここ

 これでフィデリティさんが取り扱っている外国株式クラスのインデックスファンドのラインナップは、このような感じになります。

ファンド 販売
手数料
信託
報酬
中央三井外国株式インデックスファンド 1.05% 0.84%
PRU海外株式マーケット・パフォーマー 0% 0.84%
STAM グローバル株式インデックス・オープン 0% 0.777%
ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン 0% 0.9975%

 よりどりみどり?

 フィデリティさんなら、ステップbuyステップで銀行引き落としでの積立も可能です。

 あと、おなじみのインデックスファンドで登場していないのは、年金積立とトヨタアセットぐらいとなりました。

 すごいですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ドル円レートと日経平均 1999/1-2007/12 | トップページ | 期待のニューカマー 興味深いファンドが続々登場 »

コメント

フィデリティ。と言えば、アメリカではピーターリンチが率いたマゼランファンド、そして日本ではジャパンオープンを始めとして、日本の投資信託業界をリードしてきた存在として有名ですね。

私も10年以上前その特別な響き、ブランドに惹かれ、たくさんのファンドを保有していました。

いつの間にか、他社のファンドをたくさん売る存在になっていたのですね。早速、口座開設の申込みをとりあえずしてみました。

投稿: レバレッジ君 | 2008年3月14日 (金) 21時14分

グローバル規模での世界経済の
成長のリターンを得ようと考えると
MSCI KOKUSAI INDEXに
連動するインデックスファンドは
投資対象の
一つとして
検討される候補になるんでしょうね。

投信である以上、様々な
リスクもありますが、
日本にいながら世界規模での
分散投資が少しずつ可能な
時代になってきたみたいですね。

投稿: 九州FP | 2008年3月14日 (金) 22時07分

皆様コメントありがとうございます。
>レバレッジ君様
 そういえば、マゼランファンドは、販売再開していたんですね。http://veritas.nikkei.co.jp/wallcity/index.aspx?id=MMVEc3002023012008

>九州FP様
>日本にいながら世界規模での分散投資が少しずつ可能な時代
 ご指摘ありがとうございます。おっしゃるとおりですね。

投稿: NightWalker | 2008年3月15日 (土) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40489618

この記事へのトラックバック一覧です: フィデリティ証券 ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン 発売開始:

» 低コストナンバーワンのSTAMインデックスファンドシリーズが積立可能に [インデックス投資、長期投資、積立投資など]
[https://www.joinvest.jp/ ジョインベスト証券]の取扱投資信託が大幅に充実してきました。手数料などの低コスト面や積立取扱ファンドの充実ぶりを見ても、現時点での投資信託取扱ナンバーワン証券と言っても言い過ぎでないかもしれません。 既存のどのインデックスファンドよりも低コストなSTAMインデックスファンドシリーズも、積立可能になりました。 ([https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate イートレード証券]、[http://www.fidel..... [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 13時28分

« ドル円レートと日経平均 1999/1-2007/12 | トップページ | 期待のニューカマー 興味深いファンドが続々登場 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.