« このブログのお話 なぜ私は長期投資を実践しているのか? | トップページ | 三菱UFJ 世界国債インデックスファンド(年1回決算型) と主な外国債券インデックスファンドの比較 »

2008年3月24日 (月)

GLDとIVV 2004/11-2008/3

 GLD(金ETF)とIVV(米国株式) 2004/11-2008/3の相関をグラフにしてみました。

20080323

  横軸がGLD,縦軸がIVVです。

 これも為替と同じみたいです。

  • 短期的には相関関係のある期間もある。しかし、正、負、それぞれのパターンがある。

 最近は、株式市場から、コモディティへという流れがあるようです。

 私は、「とうもろこしは食べるものである」という考えから、コモディティには投資していません。( ご参考エントリー:投資計画 2008前半) 「じゃあ、金(gold)ならいいじゃん、食べられないし」という考えもありますね。

  もう少し申し上げますと

  • 商品市場は小さく、値動きも激しい
  • 商品取引自体が大きな利益を生んでいるわけではないはず。基本的にはゼロサム。最終的には商品を売買し生産している人=企業が利益(または損失)を得るはず。だったら、企業に投資すればよい。しかし、どの商品がどの企業の利益に影響を与えるかは、はっきりとは言えない。
  • 商品市場に対する、規制の影響。(サブプライムの反省で実施される可能性のある証券化規制の中には、商品取引を証券化したものも含まれる可能性がある)
  • 最近、商品市場のバブル化を指摘する人が現れ始めた。一方で正当であるとする意見もある。

 などなど、さまざまな思考が頭の中を駆け巡り、私ごときでは収束しません。

 個人的には、長期保有には適さないだろうという考えです。

 以上、私個人の考えであり、責任は持てません。実際のご投資は、ご自身の責任と判断でお願い申し上げます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« このブログのお話 なぜ私は長期投資を実践しているのか? | トップページ | 三菱UFJ 世界国債インデックスファンド(年1回決算型) と主な外国債券インデックスファンドの比較 »

コメント

コモディティの投資はある程度株式や通貨で模倣できるので特別しなくてもよいと思います。
フィラデルフィア金銀鉱株指数:XAUとGOLD&SILVERも完全ではないですけど、かなり相関性がありますので金鉱株で代替え可能、コモディティインデックス:CRBはカナダドルがかなりの相関性です(ただし対ドルで)コモディティ投資は豪ドルと加ドルへの投資である程度代替えできると思います。
ただ最近のゴールドシルバーレシオでは行き過ぎですので、コモディティの下落は少しくらいでは済まないと思います。しっかり下落してから投資を考えたいです。

投稿: しょうちゃん | 2008年3月24日 (月) 07時25分

しょうちゃん 様
 情報ありがとうございます。
 短期投資にならざるを得ない気がする「商品系」は、私には実践が難しいですが、とても参考になりました。

投稿: NightWalker | 2008年3月24日 (月) 23時00分

いつもNightWalkerさんのブログを楽しみに見ています。
さて、今回のようなコモディティの話題になると、「商品」への投資は別にしても、代替手段としてセクター別ETFも考慮に入れてもいいのかな?と考えます。
3/6付で触れられていますが、もうすこしNightWalkerさんのお考えを聞けたらと思います。
よろしくお願いします。

投稿: はりねずみ | 2008年3月24日 (月) 23時06分

はりねずみ様
 コメントありがとうございます。
>セクター別ETF
 どのセクターを買うか....それが問題ですcoldsweats01

 また、トレンドが永遠に続かない以上、セクター投資はローテーションが命ですが、難しいそうですね。このリスクを減らすために投資セクターを分散してしまうとどんどんインデックスに?

 というわけで、一般論としては、「面白そうだけど難しい」となるわけですが、たとえば、ポートフォリオの3%程度、お楽しみでチャレンジしてみるというのは否定はいたしません。個人個人のお考えや投資スタイルによるものと思います。(投資は自己責任でお願いしますね)

投稿: NightWalker | 2008年3月25日 (火) 00時33分

コメントのお返事ありがとうございます。
ポートフォリオの「ポ」も組成できていないような現状なので、実践はまだまだ先になりそうですcoldsweats01

そういえばアマゾンで「ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド(太田創) 」という本を見つけました。ムック誌以外でタイトルに「ETF」が入っているのも珍しい気がします。ご存知かもしれませんが、お知らせまで。

投稿: はりねずみ | 2008年3月26日 (水) 22時36分

はりねずみ様
 >そういえばアマゾンで「ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド(太田創) 」
 知らなかったです。情報ありがとうございました。

投稿: NightWalker | 2008年3月26日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40611204

この記事へのトラックバック一覧です: GLDとIVV 2004/11-2008/3:

« このブログのお話 なぜ私は長期投資を実践しているのか? | トップページ | 三菱UFJ 世界国債インデックスファンド(年1回決算型) と主な外国債券インデックスファンドの比較 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.