« トヨタアセットバンガードとセゾン・バンガード 2007/3-2008/2 | トップページ | フィデリティ証券 ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン 発売開始 »

2008年3月13日 (木)

ドル円レートと日経平均 1999/1-2007/12

 もはや、グリーンスパンさんに日銀総裁になっていただき、バーナンキさんと日米決戦をお願いするしかありませんcoldsweats01(あ、冗談ですよ、ありがちな。)

 さて、ドル円レートと日経平均の関係を図にしてみました。

 Yahooにあった1999/1-2007/12月末の為替時系列データ月末終値と、日経平均月末終値の関係です。 (ご参考エントリー:円高と株式)

1.1999/1-2002/12の3年間

200803121

負の相関があるように見えます

2.2005/1-2007/12の3年間

200803122

正の相関があるように見えます

3.1999/1-2007/12

200803123

 バラバラです。(あえて言えば、弱い負の相関)

<まとめ>

  • 短期的には相関関係のある期間もある。しかし、正、負、それぞれのパターンがある。(この10年くらい為替はボックス相場だったので当たり前と言えば当たり前)
  • 長期的には、ブレトン・ウッズ体制、ドルショック、プラザ合意など20-30年に1度ある金融政策の変化による影響が大きそう(推定)

 やっぱり、為替はどうなるかわかりません。長期投資家の皆様におかれましては、

 気にしつつも気にしない

 ことが肝要であるような気がします。(禅問答みたいですみません)

 企業や市場参加者も為替レートに対して最適化を常に図ろうとするので、「同じトレンドがずっと」というのはないんですよね。また、「ある相場を狙った新商品が出回り売れだしたら、その相場の終わりが近い」なんてことも言われています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« トヨタアセットバンガードとセゾン・バンガード 2007/3-2008/2 | トップページ | フィデリティ証券 ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン 発売開始 »

コメント

本日は遂にドルレートが100円突破するという事態になりましたが、この金融混乱期に中央銀行の総裁がどうのこうのと、どうでもいい事をやっていられる我が国は平和なものです。ま、日銀の上層部は円が尊い通貨になれば良いのだろうから、喜んでいるかもしれませんが…。

相関表にしてもらうと、面白いですね。ここ何年かは、明らかに日本経済の対米依存度が増して、円安-株高、円高-株安になっている事が、如実に現れています。

こうなってくると、クリントン政権時代にサマーズが財務長官やってた頃の、地獄の円高に迫るかどうかが、私の中では焦点ですが、いっそのこと、底がぶち抜けてくれれば、買いやすいのになどと、少しだけ?考えています(実生活上での仕事はしんどくなるでしょうけど)。

去年の暮れ頃は、売られすぎてた中小銘柄物色していたのですが、こうなってくると、大型株でも良いかもしれません。ファンダメンタルが比較的しっかりしている企業でも、去年の高値圏から半値程度になっている物が散見されますし…。

ま、既に買っているものについてはどうしようもないので、放置するしかないですね。私の場合、年初来でおよそ-13%ほどの損益なので、まだ平静装っていられますが。丁度、ブッシュ政権が誕生した頃、確か経済が悪かったので、次の大統領が誰になるかは分かりませんが、政権1期が終わる頃には、アメリカも持ち直しているだろう、というスタンスでいこうと思っています。

長くなりました。…以上、職場からでした(爆)

投稿: 柑橘の国人 | 2008年3月13日 (木) 19時40分

柑橘の国人様
 コメントありがとうございます。
 しばらくは、辛抱しかなさそうです。 
 
 

投稿: NightWalker | 2008年3月13日 (木) 21時17分

今回の相場を観察するうえで、以下の本が非常に参考になると思います。

円高局面でジャスダック株が強いとのデータがあることや、米国長期金利が最大のカギを握るなど、とっても興味深い内容です。
http://happy2020.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_7c54.html

投稿: レバレッジ君 | 2008年3月14日 (金) 00時49分

レバレッジ君様
 ご紹介ありがとうございます。
 円高では内需株が強いなんてこともよくいわれていますね。(当たるも当たらぬも八卦とは思います)

投稿: NightWalker | 2008年3月15日 (土) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40476805

この記事へのトラックバック一覧です: ドル円レートと日経平均 1999/1-2007/12:

« トヨタアセットバンガードとセゾン・バンガード 2007/3-2008/2 | トップページ | フィデリティ証券 ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン 発売開始 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.