« ネット証券5社の個人売買シェア、イー・トレードが独走 | トップページ | 日本株式と外国株式の最適比率の試算 »

2008年2月 6日 (水)

はじめての投資信託口座振替

 投資信託の口座振替制度を利用してみました。

 利用した動機は.....

 興味本位です。

 ソニー銀行からフィデリティ証券への振替に挑戦です。

  1. ちゃんとできた。(あたりまえ)
  2. 手続きには、約3週間ほどかかった。
  3. 手続きは有償(ソニーバンクで1投信あたり1050円かかる)

 というわけで、私が実験台になってやってみたところ、投信の口座振替はできますが、有償なので、あまり、おススメはできません。というか今のところ不合理です(^^;)。

 ところで預金残高1兆円突破したソニーバンクさんから、以下のようなメッセージが発信されています。

ソニーバンクのビジネスモデルでは規模の効果が働きます。ですから、規模拡大は一段と業務の効率性を高める要素でもありました。既にブレークイーブンは超えています。ここからは、規模のメリットを生かして、お客さまにより有利な商品・サービスを提供できる余地が拡大します。

 だそうです。楽しみですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ネット証券5社の個人売買シェア、イー・トレードが独走 | トップページ | 日本株式と外国株式の最適比率の試算 »

コメント

今は有料ですか?昔、3,4年前に、メリルリンチが日本から撤退するときに、投信、株の移管(日興、大和へ)したことがあります。メリルの自己都合だったので無料でした。今は、株でも投信でも有料ですか。投信を移管されたら、信託報酬手数料を他社に持っていかれますから、手数料取らなきゃ、証券会社、堪りませんね(笑)。手数料を取ることにより、ハードルを設けること当然でしょう。
但し、去年、ゼロクーポン債を大和から三菱UFJに移管したときは無料でした。これも、いつまで無料か判りません。
やはり、最初に購入するとき、移管しなくても済むように証券会社、選ばないと。

投稿: Werder Bremen | 2008年2月 6日 (水) 21時58分

移管手数料は証券会社によりけりですね。
年末に松井証券から株を移管出庫しましたけど無料でした。その前にネットウイング証券から移管したときは1050円でした。最近、某C系米国証券会社から移管したら$95取られてがっくり...

投スパ->マネックスの移管ができたら年金シリーズを移したいんですけど、マネックス側が受け付けてないんですよね。(投スパ側は未確認)

投稿: よし | 2008年2月 7日 (木) 00時18分

皆様コメントありがとうございます。

>Werder Bremen様
 昨年あたりから、移管手数料有償化の動きがあります。

>よし様
 貴重な情報ありがとうございます。
 $95は痛いですね。

投稿: NightWalker | 2008年2月 7日 (木) 21時27分

ソニーバンクからSBI証券へ移管しました。
キャンペーンで抽選現金プレゼントの時期に手続したのですが、残念ながらはずれでした。
ただ、SBIの場合、投信の保有額に応じてポイントが付きます。最低ランクの0.1%でも1年で1000円(評価額100万円に対し)分のポイントバック。
1ファンド、100万以上あれば1年ぐらいで手数料の元は
取れる計算になります。
(もっとも現金化すると一番率のいいSBI銀行でも15%の手数料が引かれるので、1000ポイントで850円)
マネックスや楽天等でもポイント制度はありますし
移管すると現金プレゼントというキャンペーンやってたりします。いま、マネックスはキャンペで100万口以上でもれなく現金くれるようです。

投稿: そにん | 2012年8月10日 (金) 20時50分

そにん様
 コメントありがとうございました。
 古いエントリーなので状況は変わってますが、移管手続きをされたのですね。手数料対策は課題ですねー。

投稿: NightWalker | 2012年8月11日 (土) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/40007952

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての投資信託口座振替:

« ネット証券5社の個人売買シェア、イー・トレードが独走 | トップページ | 日本株式と外国株式の最適比率の試算 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.