« IHIが虚偽決算の疑い 課徴金17億円の可能性も | トップページ | 2008 大発会 »

2008年1月 4日 (金)

証券会社の預り資産残高 2008/1

 相互リンク先のrennyさんが、今年の初エントリーの中で

 大予想をされています。

 さて、多少、関連する話ですが、ネット証券さんも真に長期にお付き合いできる会社さんになってもらわないといけません。

 となると、少々強引ですが、各社の競合力を推し量る指標として、「取引高重視」ではなく「預かり資産残高重視」になるのではないか、と勝手ながら思うわけです。

  • SBIイートレードさんは、預かり資産残高を積極的には公表していないようです。(ここ
  • マネックス証券さんは、かなり積極的に公表されています(ここ)。でも、最近、増えていないようです。

 各証券会社さんが預り資産残高を増やすには、長期資産形成を投資の主目的としたバイ&ホールダーの囲い込みが重要となってくると私は思います(思いたい)。

 各証券会社さんには、新型のヘッジファンドの開発に労力を費やすのではなく(サテライト戦略としてはアリかもしれません)、ベーシックかつ長期保有に適した世界水準のコストの商品をしっかりと扱って欲しい。イートレードさんのSTAMシリーズはその流れなのかもしれません。

  私の資産運用上の重要課題として、今年は、証券会社さんの集約に取り組みたいと考えてます。納得のいく商品が出そろってきた感もあり、管理労力と実益が見合わなくなってきたとさすがに感じてきました。それはそれで、大変、疲れそうですけれど、気力のあるうちに整理統合を図りたいと思っています。

<2007/1/4 現在>

20070104

  あまりに少ない口座は省いています。

  いまや、Eトレードさんがメイン。私としては大躍進。海外ETFの取り扱い開始が大きかったですね。STAMシリーズへの期待感もあります。

  どこが生き残るかは、来年までのお楽しみ、ということで。もちろん、長期投資家のリクエストに応えてくれそうな証券会社さんとお付き合いしたいと、かように考える次第です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« IHIが虚偽決算の疑い 課徴金17億円の可能性も | トップページ | 2008 大発会 »

コメント

私は現在はマネックス、投信SC、セゾンと分散していますが、今後はEトレードへの集約が進むのではないかと考えております。

逆に休眠口座化しているものとしては、楽天が筆頭に来ます。フィデリティは今後も若干の投信購入はあるにせよ、イーバンクや郵便局、ジョインベストなどもそうなりそうな予感がしています。

投稿: 新幹線 | 2008年1月 4日 (金) 13時53分

新幹線様
 コメントありがとうございます。
 ネット証券さんは市場低迷を受けて、もう少し早くM&Aが進むかと思ったのですが、いまいちでした。シビレを切らした、というのが、ホンネのところです。

投稿: NightWalker | 2008年1月 4日 (金) 17時55分

初めまして。
いつも勉強させていただいております。

私も今年はEトレードのETFへの資金移動(海外株式)を考えていたところ、ETFでは分配金の再投資
ができないということを今頃になって知り、さてどう
しようかと悩み始めてしまいました。

コスト削減効果と複利効果ではどちらに軍配が上がる
ものか、投資初心者にとっては経験が浅いため(算数
にも弱いのですが)見当がつきません。

それでもETFへリレー投資をなさる方が多いという
ことは、複利を捨ててでもコスト削減を取るほうが
よいということなのでしょうか?

…なんとなく私の理解に問題がありそうな気もしま
すが(笑)
みなさん、分配金はどうなさっているのかな。

投稿: 郁芳門 | 2008年1月 4日 (金) 21時47分

郁芳門様
 コメントありがとうございます。
 あくまで私の個人的な考えですが、ご参考までに。
 ETFと外国株式投信を併用することでクリアできるのではないかと思います。ETFの分配金相当額分でリレー用の外国株式投信を購入するわけです。いかがでしょうか。

投稿: NightWalker | 2008年1月 5日 (土) 07時44分

kabu.comでも開示してますね。
こちらも増えていないが気になるところです。

投稿: | 2008年1月 5日 (土) 18時37分

?様
 コメントありがとうございます。
 カブコムさんも増えていないですね。2008年は変化がありますかどうか。

投稿: NightWalker | 2008年1月 6日 (日) 00時03分

分配金はそういうふうに投資していけば有効に使えそうですね。どうもありがとうございました。

そもそも私は最近まで投資というものに興味がなかったのですが(というより怖くて避けていたのかも)、ある時某店頭証券会社から送られてくる月次報告書なるものを見ていますと、どうも薄ぼんやりと覚えている残高が倍になっている…

そこで1年前、2年前と報告書を遡って調べてみてわかったのは、殖えた分の再投資の連続でこのようなことになっているらしいということでした。
投資をちゃんと勉強してみようと思ったのは、これがきっかけだったので、ETFのように再投資できない商品については「う~ん、どうしようかなぁ」と考えてしまったわけです。

投資の世界に足を踏み入れるきっかけとなったのは、先のユーロMMFでしたが、一方でドルのMMFは預け入れた(といっても私ではなく父ですが)元本がユーロの4倍あったはずなのに、一向に殖えていません。

疑問に思って証券会社に電話してみたところ、この商品は再投資ができないシステムなんだそうで。

恐るべし、複利のパワー。

というわけで、その後いろいろな本を読んでみるようになりましたが、いやぁこれまでけっこう罠にはまっていたんだなということがわかっただけでも大いなる収穫でした。

次の課題はこのMMFをネット証券に移管することですね。

投稿: 郁芳門 | 2008年1月 6日 (日) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/17562868

この記事へのトラックバック一覧です: 証券会社の預り資産残高 2008/1:

« IHIが虚偽決算の疑い 課徴金17億円の可能性も | トップページ | 2008 大発会 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.