« イートレードさんで海外ETFを購入する場合の重要な注意点 | トップページ | 政治と株価と長期投資 »

2008年1月17日 (木)

北村慶さんの「大人の投資入門」

 北村慶さんの新刊、「大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」」を購入。一気に読みました。

 本書は、私のイチオシ入門書「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵」の続編という感じの一冊ですが、けっこう、いい感じに、再構成&改良されてます。

  • 「貧乏人の...」と説明は、かぶっているが、データは最新化されている。
  • 前作でちょっと気になった政治情勢みたいな話は無し。
  • 資産形成の目的を「私的年金」に絞って、とてもわかりやすく説明。
  • 「貧乏人の...」よりも実践的で、具体的な商品名やETFへのリレー投資にまで言及している。

 そして、

  • 本のタイトルを本屋さんで言っても、恥ずかしくない

 これはポイント高いです(^^;)。オトナとしては。

 「これが世界の公的年金のポートフォリオだ!」という図には25カ国分のポートフォリオが出ています。十人十色。全部の国がまったく違います。リスクをとる国と取らない国の違いを見るかのようです。私のポートフォリオは、どの国に近いのかな~、イギリスかな~カナダかな~、などと楽しんでみました。

 さて、本書では、「ちょっと賢い、らくちん&ほったらかし運用法」を推奨されています。

実は、筆者のような金融の世界にいる人間が、堂々とインデックス型の投資を推奨するのは、勇気が要ることなのです。

 という前ふりのあと、フリーライダー問題に触れた上で、

市場の効率化をもたらすアクティブ運用についてはプロの運用機関や投資家にお任せして、何と言われようと、自分の老後の生活を守るために最も合理的な行動をとるべきです。現時点で経済合理性にかなった行動とは、フリーライダーになること-つまり、インデックス運用を行うことです

 ずばり、書いていただきました。

 旧作と同様、本書も良書だと思います。

 投資を始めたばかり、あるいはこれから始めようかという皆様におススメの一冊です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« イートレードさんで海外ETFを購入する場合の重要な注意点 | トップページ | 政治と株価と長期投資 »

コメント

NightWalkerさん、初めまして!
まだまだ勉強中の駆け出しインデックス投資家です。

よく分からないことが多くて、アレコレ本を読みつつ勉強中なので、こういった内容の良い本を紹介していただけるととってもありがたいです♪

>25カ国分のポートフォリオ

興味深いですね~
参考にしながらいろいろ思いを巡らせてみたいと思います。

投稿: こっそり | 2008年1月17日 (木) 23時27分

>こっそり様
 コメントありがとうございます。
 25カ国分のポートフォリオはP90です。
 チェックポイントは、株式と債券の比率ですね。
 これについては、エントリーを起こしたいと思います。

投稿: NightWalker | 2008年1月18日 (金) 06時13分

前回の書籍の改訂をも兼ねている書籍といった所でしょうか?タイトルについては同感です。恥ずかしいというより、内容が分かりにくい印象を受けます。

投稿: 新幹線 | 2008年1月18日 (金) 21時17分

新幹線様
 コメントありがとうございます。
 新幹線さんのご感想、楽しみにしています。

投稿: NightWalker | 2008年1月18日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/17719438

この記事へのトラックバック一覧です: 北村慶さんの「大人の投資入門」:

» 「大人の投資入門」を読んでみました #1  [rennyの備忘録]
JUGEMテーマ:ビジネス Amazon Best Books of 2007 投資関連本で堂々の2位に入った、北村慶さんの貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメントの続編とも言える本が出たので早速読んでみました。 大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」PHP研究所北村 慶(著)発売日:2008-01-12amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 前作「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」と重複している部分はありますが、今回の「大... [続きを読む]

受信: 2008年1月17日 (木) 07時32分

» 北村慶の新作、『大人の投資入門』、発売開始です。 [金融ビジネス書作家「北村慶」のブログ]
『大人の投資入門』〜真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」が、本日、発売開始されました。 2007年のアマゾン投資本ランキングで第2位となった、前著『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント』でご紹介した”負けない投資法(インベストメント)”の実践方法を、本書ではご紹介しています。... [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 21時32分

» 試験週間中 [20歳からの投信による資産形成]
今週の火曜から来週の月曜にかけ、私の通う大学では後期講義の定期試験が実施されてい [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 21時44分

» 北村慶著「大人の投資入門」はオススメ [ホンネの資産運用セミナー]
北村慶著「大人の投資入門」を読んだ。前作「貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント」もなかなか良かったが今回はどうなのだろう?本書の特徴は以下の通り: [続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 22時14分

» 北村慶(2008.1)『大人の投資入門』PHP研究所 [乙川乙彦の投資日記]
乙が読んだ本です。「真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」」という副題が付いています。 本書はインデックス投資を勧めます。 p.146 で、アセットアロケーションを考える際に、公的年金の存在を前提にして、私的年金の分は、公的年金と合わせてアセットア..... [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 04時49分

« イートレードさんで海外ETFを購入する場合の重要な注意点 | トップページ | 政治と株価と長期投資 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.