« アクティブ投資家とインデックス投資家の不思議な関係 | トップページ | 海外ETFに関するビッグニュースが2本も! »

2008年1月20日 (日)

2008/1~2 日経平均の2シグマ

  下記エントリーで、日経平均の標準偏差を計算してみました(月末終値ベースの年次リターン)

  これを使ったお話です。

  • 日経平均年次リターンの標準偏差は、ここ30年で20.86%だった。(日本株の場合ざくっと20%なんですね)
  • 昨年の最高値は、2007年2月26日の日中18,300.39円。
  • 期待リターンは6%と する。ここからの標準偏差分のブレとなります。

 で、仮に、標準偏差分、株価が下落したらどうなるかを計算したのが下表です。

2007年2月26日 -2σ
確率68.26% 確率95.44%
高値 18,300.39 15,580.95 11,763.49
終値 18,215.35 15,508.55 11,708.83

  下方へぶれる確率は、68.26%、95.44%の半分で、34.13%、47.72% となります。残りの半分は上方にぶれる確率です。

 (高値を付けた2007/2/26から)1年後の2008/2/26、2シグマ(近く)まで行くのか?どっこい踏んばるのか?それともさらに?

 定量的に株価の下落を観察しておくのは重要ではないかと考えます。

 明日はわからぬ、この御時勢。インデックスにせよバリューにせよ、長期投資家たるもの、腹をくくって未来を信じ.........え?つまらん講釈は、いいから、もっとデータが見たい?

 昨年1月22日から、2月いっぱいまでについての表もお付けします。ご笑覧下さい。

日付 終値 -2σ
2007年01月22日 17,424.18 14,834.95 11,200.26
2007年01月23日 17,408.57 14,821.66 11,190.23
2007年01月24日 17,507.40 14,905.80 11,253.76
2007年01月25日 17,458.30 14,864.00 11,222.20
2007年01月26日 17,421.93 14,833.03 11,198.82
2007年01月29日 17,470.46 14,874.35 11,230.01
2007年01月30日 17,490.19 14,891.15 11,242.69
2007年01月31日 17,383.42 14,800.24 11,174.06
2007年02月01日 17,519.50 14,916.10 11,261.53
2007年02月02日 17,547.11 14,939.61 11,279.28
2007年02月05日 17,344.80 14,767.36 11,149.24
2007年02月06日 17,406.86 14,820.20 11,189.13
2007年02月07日 17,292.32 14,722.68 11,115.50
2007年02月08日 17,292.48 14,722.82 11,115.61
2007年02月09日 17,504.33 14,903.19 11,251.78
2007年02月13日 17,621.45 15,002.90 11,327.07
2007年02月14日 17,752.64 15,114.60 11,411.40
2007年02月15日 17,897.23 15,237.70 11,504.34
2007年02月16日 17,875.65 15,219.33 11,490.47
2007年02月19日 17,940.09 15,274.19 11,531.89
2007年02月20日 17,939.12 15,273.37 11,531.27
2007年02月21日 17,913.21 15,251.31 11,514.61
2007年02月22日 18,108.79 15,417.82 11,640.33
2007年02月23日 18,188.42 15,485.62 11,691.52
2007年02月26日 18,215.35 15,508.55 11,708.83
2007年02月27日 18,119.92 15,427.30 11,647.48
2007年02月28日 17,604.12 14,988.15 11,315.93
2007年03月01日 17,453.51 14,859.92 11,219.12

 それでは、失礼いたします。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« アクティブ投資家とインデックス投資家の不思議な関係 | トップページ | 海外ETFに関するビッグニュースが2本も! »

コメント

ご苦労様でした。

「1年後の2008/2/26」の部分、2009年の間違いと思いますので、念のため指摘しておきます。

引続き様々な視点からの有益な情報提供お願いします。

P.S.
以前のエントリーの分析(日本株の累積リターン)によれば、これから5年から10年で日本株が過去最高値を更新する可能性もあるんでしたよね。

投稿: レバレッジ君 | 2008年1月20日 (日) 11時05分

レバレッジ君様
 コメントありがとうごいます。

 (高値を付けた2007/2/26から)1年後の2008/2/26

 という意味です。
 わかりにくくなってすみませんでした。ちょっと表現を修正しときますね。

>過去最高値を更新する可能性
 可能性というか、希望でしょうかねえ。

投稿: NightWalker | 2008年1月20日 (日) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/17749190

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/1~2 日経平均の2シグマ:

« アクティブ投資家とインデックス投資家の不思議な関係 | トップページ | 海外ETFに関するビッグニュースが2本も! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.