« 1950-2008  日経平均期間収益率の変動 | トップページ | コモディティ市場の規模 »

2008年1月 8日 (火)

投資計画 2008前半

 下記エントリーでご紹介しましたようなポートフォリオの変遷があったため、去年までは機動的な投資活動もありました。ほぼ、比率が固まったので、今年前半は、全部、淡々と行こうと思ってます。

  で、意思を固めるべく、珍しく、半年分の投資計画を立てました。

<ドルコスト>

  • 三菱UFJトピックスオープン(イートレード)
  • ステートストリート外国株式インデックス(イートレード)
  • PRU海外債券マーケットパフォーマー(イートレード)
  • FWFエマージングマーケットファンド(フィデリティ)
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(セゾン投信)

 全部自動積立。

<期首一括購入>

  • ウェルズリーインカムファンド(マネックス)

<その他>

  • ETFへのリレー(適時)
  • 口座の集約(適時)

 あとは、これを淡々と実行していくのみですが、懸案事項もあります。

  • STAMインデックスオープンの活用(J-REIT含む)。

 なお、 以前エントリーのどこかにちらっと書いたコモディティへの投資は、止めることにしました。

 ”とうもろこし”は食べるものである。

 という結論に達しました(あくまで個人的な見解です)。

 金投資は、捨てがたいところがありますが、相場環境がアレなだけに厳しいかなと。買うならいっそ金貨かな。我が家の財宝として(^^)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 1950-2008  日経平均期間収益率の変動 | トップページ | コモディティ市場の規模 »

コメント

 「とうもろこしは食べるものである。」に私も一票♪ でも、牧場経営とかしていて、とうもろこし(飼料)の値上がりに対するヘッジならありうるかなぁと。

投稿: まろ | 2008年1月 8日 (火) 19時54分

まろ様
 一票ありがとうございます。
 商品先物本来の目的での活用に立ち返ってほしいですね。 

投稿: NightWalker | 2008年1月 8日 (火) 21時55分

明けましておめでとうございます。
そしてお久しぶりです。
僕も今年からFWFエマージングマーケットファンドの積立をはじめる計画です。
ある程度積み立てたら、EEMへのリレーをしていきたいと思っています。

投稿: yarno | 2008年1月 8日 (火) 22時13分

yarno様
 あけましておめでとうございます。
 ノーロードのエマージングファンドは、貴重であります。ところで、イオン銀行さんの投資信託が1000円から、というのは知りませんでした。

投稿: NightWalker | 2008年1月 8日 (火) 23時03分

私は現在、コモディティもREITもポートフォリオに組み込んでいますが、今後どうするかの調整は結構微妙な所があります。

また当面、積立をSTAMに一本化する腹積もりです。詳細コストが来年当たりに出れば、また変更する可能性はありますが。

投稿: 新幹線 | 2008年1月 8日 (火) 23時31分

コモディティへの投資は、ここまで値段が高くなってくると躊躇したくなるところですが、私は金(ゴールド)がまだまだ高くなると思って、住友金属鉱山の個別株式を例外的に保有しています。

実際、28年ぶりにNY金が最高値を更新したとのニュースが入ってきました。

投稿: レバレッジ君 | 2008年1月 8日 (火) 23時34分

皆様コメントありがとうございます。
>新幹線様
 REITは、適切な比率(確かに微妙)において「有り」だと思っています。

>レバレッジ君様
 金投資は、短期的視点と長期的視点では異なる発想となりそうな気もします。

投稿: NightWalker | 2008年1月10日 (木) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/17614125

この記事へのトラックバック一覧です: 投資計画 2008前半:

« 1950-2008  日経平均期間収益率の変動 | トップページ | コモディティ市場の規模 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.