« 内藤忍さんの新刊2冊(2) 内藤忍の資産設計手帳のすすめ | トップページ | イートレード証券 の【投資基礎講座】にETFが追加 »

2007年12月18日 (火)

グリーンスパン氏、公的資金投入を提言・サブプライム問題

  日経新聞です。

グリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長は16日の米テレビ番組で、信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題を解決するため、公的資金を投入すべきだとの考えを示した。ブッシュ大統領は財政出動を否定しているが、同氏は「問題解決のため必要なら使うべきだ」と主張した。

  うーん、どっかの国で聞いたような話。どっかの国では、公的資金投入までに、随分と時間がかかったような。

 グリーンスパンさんの本、読んでないんですが、どうしようかなあ。

  偉大なるご隠居の話に耳を傾けるべきでしょうか。

   私自身の投資そのものは、淡々と続けていくわけですけれど。 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 内藤忍さんの新刊2冊(2) 内藤忍の資産設計手帳のすすめ | トップページ | イートレード証券 の【投資基礎講座】にETFが追加 »

コメント

欧米諸国も、日本の不良債権で苦しんだ件は十分、承知しているはずです。なにも日本だけではなく、過去にはアメリカでも1980年代に貯蓄貸付組合の破綻があり、政府は財政資金を投入しました。1990年代初めには韓国、北欧諸国でも銀行救済が政府によって行われました。今回も事態の早急な解決のため、「公的資金注入」有り得る話かも。
それと昨今の金融機関救済、買収、増資の話。東京海上、英保険会社買収とか、アブダビのシティー増資とか。一昔前、不良債権で苦しんでいた日本の金融機関(長銀、日債銀etc)や東京都心の不動産、欧米のハゲタカが安値で買い漁って、暴利を貪っていましたよね。

投稿: Werder Bremen | 2007年12月18日 (火) 10時48分

Werder Bremen様
 コメントありがとうございます。

>「公的資金注入」有り得る話かも。

 かの国の大統領は、反対していらっしゃるようです。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071218AT2M1801218122007.html

【引用開始】
ブッシュ米大統領は17日、経済政策について演説し「住宅バブルを克服するにはしばらく時間がかかる」との厳しい見通しを明らかにした。米政権はこれまで「バブル」との表現を注意深く避けてきており、大統領自ら事態の深刻さを認めた。一方で、政府の資金による貸し手や借り手の救済に慎重論を表明、財政出動を促す声とは一線を画する姿勢を鮮明にした。
【引用終わり】

 資金注入の方法としては、利下げ、減税、財政出動とあるわけなんですが、いろんな事象に影響してしまう金利のコントロールより、財政出動の方が良いような気もしますね。シロート考えですが。
 昔、日本では、「米国を見習って、公的資金を注入せよ、その代償として金融機関の責任者は罰を受ければよい」という意見がありました。
 ただ、この手法の最大の問題は、誰が罰を受けるのか?ということです。お友達だと、ちょっとやりづらいです。

投稿: NightWalker | 2007年12月18日 (火) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/17399351

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンスパン氏、公的資金投入を提言・サブプライム問題:

« 内藤忍さんの新刊2冊(2) 内藤忍の資産設計手帳のすすめ | トップページ | イートレード証券 の【投資基礎講座】にETFが追加 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.