« イートレード証券 iShares MSCI KOKUSAI 取り扱い開始 | トップページ | 内藤忍さんの新刊2冊(1) マネックスお金のゼミナール »

2007年12月16日 (日)

1306+TOK と IVV+EFA  の比較

 1306+TOK と IVV+EFA  の比較をしておきます。

1.個々の信託報酬

投資対象 信託報酬率
TOPIX ETF(1306) 0.1155%
TOK 0.25%
IVV 0.09%
IFA 0.35%

2.購入手数料

  • イー・トレード証券なら、26.25ドル(~1000株)

3.まとめ表

  • イートレードでの購入を想定して比較(2007/12/15現在)
  • IVV:EFA=50%:50%、1306:TOK=10%:90% で比較

比較項目 EFA+IVV
50:50
1306+TOK
10:90
信託報酬(加重平均) 0.220% 0.237%
購入手数料
(1ドル115円)
6,038円 3,269円
為替手数料
(1ドル当り)
50銭 25銭

100万円分、購入時の
手数料率(参考)
(購入手数料+為替)

1.039% 0.544%
投資国 日本
米国
カナダ なし
カナダ以外の
先進国
実績
その他 - 東証上場の
可能性
やや高い?
  • 信託報酬率は、ややIVV+EFAの方が安いが、ごくごくわずか。
  • 購入手数料は、1306+TOKが有利(両者の信託報酬率のわずかな差を回収するのに30年くらいかかる計算になる)
  • 1306+TOKなら、カナダも含めた投資が可能。

4.パフォーマンス差

 未来のお楽しみ。ほぼ同程度が想定されます。

5.これを踏まえた投資作戦について

 以下は、 完全なる私の個人的な考えです。

  • 1306+TOKを基本とする。
  • いきなり沢山は買えないのでSTAMシリーズなどのノーロード・インデックス・ファンドを活用したリレー投資を考える。
  • リスク許容度に合わせて1306+TOKに対する債券比率を決める。
  • それ以外は、各個人投資家のお好みの投資戦略をとる。

 一例をあげれば、

  1. 世界市場ポートフォリオ(1306+TOK)+リレー投資枠 50%
  2. 債券枠(たとえば、PRU海外債券マーケットパフォーマーや個人向け国債) 30%
  3. エマージング株枠(たとえばEEM) 10%
  4. 個別株投資枠 10%

 こんな感じでしょうか?(これは、イメージをつかんでもらうために示したものであり、特に根拠はありません。ご注意ください) 

 以上、あくまで、ご参考です。実際の投資は、ご自身のご判断と責任でお願い申し上げます。

<関連エントリー>

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« イートレード証券 iShares MSCI KOKUSAI 取り扱い開始 | トップページ | 内藤忍さんの新刊2冊(1) マネックスお金のゼミナール »

コメント

東証や大証に出ればマネックス証券のケータイからなら手数料100円・・・そして貸株の夢が・・いつかは叶いますかね?

投稿: とよぴ~ | 2007年12月16日 (日) 06時36分

KOKUSAIは日本株の部分を自由に変更できるので、個別株なりさわかみなりを取り込めるのが最大のメリットだと思います。

あとは出来高でしょうか。ある程度流動性が確保できていないと、購入をためらう事例も出てきそうなので。

投稿: 新幹線 | 2007年12月16日 (日) 13時21分

>東証上場の可能性やや高い?

イートレ、松井を組み合わせて10万以下0円、30万以下315円で取引したいものです^^
移管して貸株か、その頃にはイートレも貸株でマネを抜かないかな~

国内外の債券のETFも欲しいですね!

投稿: 投信戦略の発想法 | 2007年12月16日 (日) 13時29分

皆様コメントありがとうございます。
> とよぴ~様
 マネックスさんに頑張ってもらいましょう!

>新幹線様
 TOKは、いろいろな使い方ができそうです。今後の取引状況に期待したいです。

>投信戦略の発想法様
 東証の上場、なんとか実現してほしいです。見守るしかありませんが。

投稿: NightWalker | 2007年12月16日 (日) 18時30分

今回の「まとめ表」、とても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: 輪田@【堅実投資】 | 2007年12月17日 (月) 23時32分

輪田@【堅実投資】様
 参考になってよかったです(^^)。

投稿: NightWalker | 2007年12月18日 (火) 21時21分

とても参考になる比較ありがとうございます。

TOKは今、出来高が少ないようですが(2000万円位?)、NightWalkerさんは、ETFを比較する際に、流動性については、どの程度重視されておられますか?

もしよろしかったらご意見お聞かせください。

私のETFリレー投資の参考にさせていただきます。


投稿: 市原博士 | 2008年9月 2日 (火) 08時41分

市原博士様
 コメントありがとうございます。
 この記事は、出来高以前の状況で書いており、ご指摘のように出来高は心配事項です。時々ウォッチして、記事をアップしています。

最近ではこれかな?
 http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2008/06/tok20086_7bf2.html

ちなみに私自身がどうしているかというと下記エントリーで書いたように
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2008/02/tok20082_3f9b.html
 

 TOK東証上場の可能性をほんのわずかですが信じて、地道にファンド(今はSTAMシリーズです)を積み上げておくというのが今の私のスタンスです。あせる必要なし、と開き直ってますcoldsweats01(個人的な判断です。念のため)

投稿: NightWalker | 2008年9月 2日 (火) 20時21分

NightWalker様

丁寧な回答ありがとうございます。

すでに出来高のチェックもされていたのですね。

エントリを確認せずに質問し、失礼しました。

過去のエントリとご回答、とても参考になりました。

私もTOKは様子見しておこうとおもいます。

IVV+EFAのリレー投資をすることに決めました。

ありがとうございました。

投稿: 市原博士 | 2008年9月 4日 (木) 20時45分

市原博士様
 今、日本は過渡期にいると思います。個人投資家の平均リテラシー向上が、金融商品の平均値を押し上げると思っています。

投稿: NightWalker | 2008年9月 5日 (金) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/17374742

この記事へのトラックバック一覧です: 1306+TOK と IVV+EFA  の比較:

» MSCIコクサイ指数の各国構成比とGDP [株をはじめる前に読むブログ]
楽天証券でMSCI KOKUSAI(コクサイ)指数に連動する海外ETFのTOKの取扱いが、昨日12月17日からついに始まりました!TOK:日本以外の先進国(MSCI KOKUSAI)EFA:北米以外の先進国(MSCI EAFE)TOPIX:日本(TOPIX)IVV:アメリカ(SP... [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 20時39分

» 1306+TOK? IVV+EFA? [投資信託ETF毎月積み立て世界分散長期投資実践記]
投資信託を毎月積み立てて、ある程度の金額がたまったときに、 信託報酬が安いETFへ乗り換える投資方法があります。 これをリレー投資といいます。 今、どのように、このETFへのリレー投資をしようか考え中です。 世界分散投資をするには、 1306+TOK の組み合わせと、 ..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 08時38分

« イートレード証券 iShares MSCI KOKUSAI 取り扱い開始 | トップページ | 内藤忍さんの新刊2冊(1) マネックスお金のゼミナール »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.