« ネット銀行のインターネット送金手数料(他行あて)の比較 | トップページ | 2007秋 ネット証券5社の中間期決算、イートレードと松井は増益 »

2007年11月 4日 (日)

ポートフォリオの比率をどうすればよいか、お悩みの皆さまに参考になるエントリー 2つ

  ポートフォリオの比率をどうすればよいか、お悩みの皆さまに参考になるエントリーを2つご紹介します。

  ポートフォリオを決める場合、

  • 究極の長期運用、各国の年金を参考にする
  • 良質のバランスファンドを参考にする。

 という手があります。

 その上で、構成部品である金融商品をお好みに合わせて組み合わせる、と。

 金融商品を選ぶ時、やはりコストに気を配るのが大事です。

 ETFは、ローコスト商品の代表例ですね。マネックスさんでも取り扱いの可能性があるとの記事が水瀬さんのところにあります。

 もし、販売の暁には、全国 80万1,736人くらいのマネックスファンの一人として検討したい と思います。

<余談>

 年齢に合わせて、取れるリスクが低下するというのは、一般論であって、年をとってもリスクを取れる人もいれば、若くてもリスクを取れない人もいます。

 これをどうやって判断すればよいのかは、まずは、総資産をチェックして(気が付いていない資産が手持ち資金の何倍もあったりして結構大きい)、キャッシュフローを書いて...ということになるのでしょうけど、これは、有償にはなりますが、FPさんの領域なのかもしれませんね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ネット銀行のインターネット送金手数料(他行あて)の比較 | トップページ | 2007秋 ネット証券5社の中間期決算、イートレードと松井は増益 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16962774

この記事へのトラックバック一覧です: ポートフォリオの比率をどうすればよいか、お悩みの皆さまに参考になるエントリー 2つ:

« ネット銀行のインターネット送金手数料(他行あて)の比較 | トップページ | 2007秋 ネット証券5社の中間期決算、イートレードと松井は増益 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.