« マネックス・オンラインセミナー 中桐啓貴の「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」 | トップページ | 米、0.25%追加利下げ と 10/31 私のポートフォリオ »

2007年11月 1日 (木)

イーバンクよ、おまえもか 振込無料回数5回から→3回へ

 相互リンク先のじゅん@さんの下記エントリーで知りました....。

 イーバンクさんのサイトからです。 

2007年11月26日(月)より、振込等に関するサービス内容について以下の通り変更いたします。

  1. 給与振込により付与される振込手数料の優遇について、内容を一部変更いたします。

■改定内容

1.給与振込により付与される振込手数料の無料回数

改定前 改定後
5回 3回

2007年11月26日(月)以降の給与振込が、改定後の無料回数付与の対象となります※。

現在4~5回の無料回数が残っている場合、新たに給与振込があった場合でも、残った無料回数を引き続きご利用いただけます

給与振込による振込手数料の優遇について詳しくはこちら

  がーーーーん。

 対策としては、

  1. 給与振込はイーバンクとし、とりあえず無料送金3回分ゲット。
  2. イーバンク→新生銀行へ送付(1回分消費)

 とすれば、イーバンクで実質2回、新生銀行で3回 計5回の無料振り込みが確保できますが........面倒だなー。まあ、無料振り込みができるだけ、ありがたいと思うことに。

 ネット銀行さんも、あいかわらず経営状況が厳しいんですかねえ。心配です。

<追記>

  ATMの無料回数も減ります.........。

<追記 11/4>

   日経さんの記事でも....

イーバンク銀は口座数が230万を超え、手数料負担が膨らんでいるため有料化に踏み切る。通常は利用者が預金口座を設けている金融機関が、ATMを運営している金融機関に対して、1回当たり100―200円程度の手数料を支払うことになっている。イーバンク銀は手数料を自行で負担し、利用者の支払いをゼロにすることで個人顧客を集めてきた。

 たしかに、たとえば、1口座当たり月100円負担しているとすると、230万口座×月100円=月2億3000万円?

 結構大きいですね。

ネット専業で最大の顧客数を持つイーバンク銀の有料化は、他のネット銀行の営業戦略にも影響を与えそうだ

 うーーん、複雑な心境です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« マネックス・オンラインセミナー 中桐啓貴の「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」 | トップページ | 米、0.25%追加利下げ と 10/31 私のポートフォリオ »

コメント

入金にもATM手数料を取るんですからひどいものです。
イーバンクからノーロード投信を買う意欲も無くしました。
移行先はセゾン・バンガードでしょうかね。

投稿: えんどう | 2007年11月 1日 (木) 08時24分

えんどう様
 コメントありがとうございます。
>入金にもATM手数料
 意図を計りかねています。
(1)ネット入金が多く影響がないと判断した。
(2)小口の異常入金が多く困った。
>ノーロード投信
 この半年で、ほとんどのネット証券で外国株式や外国債券のノーロードインデックスファンドを購入可能になってしまったので、イーバンクのアドバンテージはあまりありませんね。

投稿: NightWalker | 2007年11月 1日 (木) 19時19分

こんばんは。ご紹介ありがとうございます。
今回の変更は何を目指しているのか意図が良く判らないですよね。スリム化した後に何か新たなサービスを打ち出してくるのかもしれませんが・・・
とりあえず、不満の表明に投信以外は全額他所に移してみました。

投稿: じゅん@ | 2007年11月 2日 (金) 22時07分

じゅん@様
 コメントありがとうございます。
 おっしゃるように、意図がわかりません。イーバンクの収益構造をどうしたいのか?サービス改悪でお客様が逃げてしまっては元も子もないと思うのですが。

投稿: NightWalker | 2007年11月 3日 (土) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16939740

この記事へのトラックバック一覧です: イーバンクよ、おまえもか 振込無料回数5回から→3回へ:

» イーバンクも改悪 [オサーンの投資生活]
新生銀行の振り込み手数料無料の削減についで、今度はイーバンクがやってくれました。 ATM手数料徴収、それも入金時においてもです。頻繁に使ってる人にとってはとんでもない事だと思います。小口預金で手軽なお財布がわりに使ってる人が多いからなのかなとは思いますが、せめて月5回以上とかにできなかったんでしょうかね。 オサーンの場...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 09時58分

» [ただの日記] さようならイーバンク、こんにちは住信SBIネット銀行 [sfida quieta --- 商売してみるブログ]
これまで、新生銀行をメインバンクに、イーバンクをサブバンクとして使ってきた。 口座を作った頃、新生銀行は 他行も含め、全てのATMでの入出金手数料無料 他行への振込み手数料が月5回まで無料 という他の追随を許さない強烈なサービス内容だったのだが、ある時「セブン銀... [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 16時26分

» 周回遅れのネット銀行選び [もーまがBlog+]
NightWalker's Investment Blogや投信で手堅くlay-up!のイーバンク銀行 サービス内容改悪の記事を読んで思ったこと。 「なんで、ワシは、ネット銀行ならではのATM無料サービスなどをこれまで活用していなかったのだ?!」 主な原因としては、 1)管理が面倒になるので銀行..... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 00時27分

« マネックス・オンラインセミナー 中桐啓貴の「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」 | トップページ | 米、0.25%追加利下げ と 10/31 私のポートフォリオ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.