« 長期金利とPERの関係 | トップページ | 大証日記 10/23-10/26 »

2007年10月26日 (金)

金融商品の品質規格

 インデックスファンドが、有利な点に、低コストというのがあります。では、どの程度であれば、安いのでしょうか。独断と偏見で考えてみました。

 仮にこういう基準があったとします。

  • 日本株で信託報酬、0.3%未満
  • 外国株で信託報酬、0.5%未満
  • ノーロード

 こう考えると、日本国内で残るのは、

  • (一部の)確定拠出年金用ファンド

 ぐらいでは? ETFは購入手数料がかかります(かからないケースもありますが)

 工業製品には、JIS規格だの、欧州の規格だの、排ガス規制だの、環境規制だの、厳しく存在し、この枠組みの中で、くそまじめに頑張ったのが、かつての日本のメーカーの国際競争力を高めた要因の一つだと言われています。

 これらの規格の特徴は、数字で明確に定義されていることです。

 金融商品の品質(主にコストのことです)には、どうして、規格がないのでしょうか。

  そういえば、最近、消費者金融の上限金利のグレーゾーンの話が明確になりました。

 繰り返しになりますが、なぜ、金融商品には、規格がないのでしょう。

 難しいんでしょうね。作ったら作ったで各社横並びになりそうな気もしますし。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 長期金利とPERの関係 | トップページ | 大証日記 10/23-10/26 »

コメント

NightWalker 様
 規格がないことは自由競争を奨励しているということでしょう。
 問題は、日本では自由競争が起こっているようには見えない点にあります。
 やはり、ここは、バンガード並みに低コストをうたう運用会社が登場することが必要でしょう。日本ではむずかしいと思いますが。
http://otsu.seesaa.net/article/39314757.html

投稿: 乙川乙彦 | 2007年10月26日 (金) 06時40分

セゾン投信さんがセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの信託報酬を0.5%以下に設定してくれないかな?

投稿: ツォーン | 2007年10月26日 (金) 12時57分

工業製品の規格が出来る課程は、かなり曖昧です。
業界団体と監督省庁との合意がないとできないのがその理由です。
従来から海外規格を参考にJIS規格等ができていますが、国内だけでの合意で出来ているJIS規格等は、既に意味をなしていません。ヨーロッパに輸出するにはCEマークが必要ですが、それは日本の規格ではありません。
そのためISOの規格に日本の主張が盛り込まれるよう頑張っていたりします。何故ならそうしないとJIS規格自体が日本固有の規格という名の非関税障壁になりますし、実際JIS規格だけでは海外での工業製品の販売ができなくなっています。

海外ETFなどに影響されて、日本の金融商品も実質的に同じレベルまでにコストが下がると思います。
それまでにさらに既存の銀行や証券会社の合併が進むと思いますし、進まなければ海外企業にM&Aされるか潰されるでしょう。
また国内の東証上場の金融商品だけしか買えなかった数年前の状況からすると、海外ETFが買えるという状況はかなり進んだと思います。といって海外ETFを買ってはいない自分なので説得力はありませんが(大汗。

もう一つ、消費者金融のグレーゾーン金利撤廃については、反対の立場です。
リスクのある人間にそれなりのリターン(金利)を求めるのは当然だと思っています。それに対して規制をすることはフェアではないと思います。

投稿: とりさん | 2007年10月26日 (金) 21時23分

皆様コメントありがとうございます。

>乙川乙彦様
>自由競争が起こっているようには見えない
 金融業界に限った話ではないのかもしれませんが、見えませんです。
>低コストをうたう運用会社が登場
  セゾンさんに続く投信会社さんは現れるでしょうか。期待はしたいと思います。

>ツォーン様
 資産総額が採算ラインをオーバーすれば、可能性はあると思ってます。

>とりさん様
 おひさしぶりです。
 解説ありがとうございます。こんな記事書いてて、あれなんですけど、ISO対応は、結構、疲れますね。
 それはさておき、自由競争が消費者の利益につながることを願ってます。

>消費者金融のグレーゾーン
 ご指摘ごもっともです。

投稿: NightWalker | 2007年10月26日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16674819

この記事へのトラックバック一覧です: 金融商品の品質規格:

» 全額税か保険料か、基礎年金不足額を消費税率で試算 [年金について]
政府の経済財政諮問会議(議長・福田首相)の民間議員は25日の会議で、基礎年金の制度改革について [続きを読む]

受信: 2007年10月26日 (金) 11時52分

« 長期金利とPERの関係 | トップページ | 大証日記 10/23-10/26 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.