« 私のアクティブファンド 2007/10 | トップページ | 確定拠出年金、運用漏れ8万人 連絡先不明2万人 »

2007年10月 7日 (日)

iShares Kokusai?

 下記、記事で知りました。ビッグニュースの前夜のような気がします。

  ソースは、ここのようです。

iShares Kokusai?

The Dow … the S&P 500 … the Wilshire 5000 … the MSCI Kokusai?
It isn’t exactly a household name, but BGI has filed for a new ETF tied to the MSCI Kokusai Index. The index is a measure of the developed world, ex-Japan, or “DEEJ” in industry parlance. It includes 22 countries ranging from Australia to Hong Kong to the United States.

The fund will charge just 0.25% in annual expenses, so if you’re looking for DEEJ exposure, this is likely as cheap and as good as it gets in one fund.

 「MSCI Kokusai?なんだそりゃあ」「有名じゃないけど日本を除く先進国22カ国の指数だよ」ってとこなんでしょうか。

  バークレーさん、MSCIコクサイ指数連動ETFを米国で?申請した模様です。

 エクスペンスレシオは0.25%の模様。

 日本で発売して欲しいです。こんなのアメリカ人、欲しくないでしょ!(と勝手に決め付けてみる)

  日本で発売されれば、ほぼファイナルアンサーです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 私のアクティブファンド 2007/10 | トップページ | 確定拠出年金、運用漏れ8万人 連絡先不明2万人 »

コメント

これはビッグニュースの予感ですね。
楽天証券、イートレで海外ETFを買い付けている日本国内の投資家を照準にした商品でしょうか。
上手くいけば、この商品そのものを日本の取引所に上場させようというプランなんでしょうかね。
今後の成り行きが注目されます。

投稿: renny | 2007年10月 8日 (月) 07時34分

アメリカで申請されたとなれば、楽天・Eトレード経由で日本の投資家に提供されてくる可能性は高そうですね。

信託報酬0.25%というのも、IVV+EFAに比べて「大きく」不利というわけではなく、コクサイのメリットとしてより小口でのETF投資が可能になる、カナダへの投資が出来る、EEM・日本個別株・ETFと組み合わせる事が容易になる、といいことずくめになりそうですから・・・(IOOよりも、日本の投資家からすれば格段に使い勝手は良いと思われます)

投稿: 新幹線 | 2007年10月 8日 (月) 09時56分

皆様コメントありがとうございます。
>renny様
 まったくもってご指摘の通りのことを期待してしまいます。今後の日本国内市場に対する可能性としては、
 (1)海外ETFとして輸入
 (2)東証上場!
 の二つが考えられます。ちなみに(2)が実現したら、野村も、もう逃げられません!自分で組成してくると思います。今、国内の証券会社が、組成していないのは、恣意的なサボタージュと私は思ってますので(^^;)。

>新幹線様
>日本の投資家からすれば
 ファイナルアンサーです。

投稿: NightWalker | 2007年10月 8日 (月) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16692074

この記事へのトラックバック一覧です: iShares Kokusai?:

« 私のアクティブファンド 2007/10 | トップページ | 確定拠出年金、運用漏れ8万人 連絡先不明2万人 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.